いきなりですが

DVと云えば「配偶者暴力」のイメージが

あまりにも強いですが

必ずしも「婚姻関係」での暴力ではなく

「恋愛関係」においてもDVは現状日常的に発生し得ます。

 

日本では「配偶者や恋人など親密な関係にある、

又はあった者から振るわれる暴力」という意味で

使用されることが多いです。

 

配偶者からの暴力を防止し、

被害者の保護等を図ることを目的として制定された

「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」は、

「DV防止法」と呼ばれることもあります。

引用文:http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/dv/index.html

 

上記は「内閣府男女共同参画局」サイトの

「ドメスティック・バイオレンス」ページからの引用です。

 

中でも「配偶者や恋人など親密な関係」との表記がポイントです。

 

ここまでDVについてツラツラと述べましたが

つまり「不倫とDVする人」ではなく、

世の中は「浮気とDVする人」も多く存在するのです。

 

恋愛関係であり同棲中にも拘らず交際相手が

実は「浮気とDVする人」だった…。

 

その「浮気とDVする人」の特徴や見極め方など、

気になりませんか?

 

なので、浮気とDVをする人の特徴や見抜き方や

その対処方法、または別れる場合など

気になる項目をまとめました。

 

「浮気とDVする人」な交際相手に

悩んでいるあなた、絶賛必見です。

 

 

また、交際相手の浮気やDVに悩んでいる方は

探偵事務所に頼ることをおすすめします。

 

数ある中でも特におすすめなのが『原一探偵事務所』!

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所なので

必ずあなたの力となってくれるでしょう。

 

電話相談は24時間365日無料で行なっているので

一度相談だけでもされてみてはいかがですか?

 

浮気もそうですがDVは特に自分達だけで

解決できる問題ではありあません。

 

手遅れになる前に勇気をだして

原一探偵事務所に相談してみてくださいね。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼ 



 

浮気とDVをする人の特徴や見抜き方は?

浮気をする人の特徴というより、

DVをする人の特徴がポイントでしょう。

 

その特徴もどこかネガティブな印象があります。

 

浮気とDVをする人は劣等感からのコンプレックスを抱えている!


参照元:https://www.photo-ac.com/

何かしらのコンプレックスを抱えているから、

そのコンプレックスを指摘されるのを極端に恐れるあまり

過激な対応や反応をしてしまうタイプが、

浮気とDVをする人の特徴の筆頭に挙げられます。

 

そのコンプレックス故に、人見知りで内弁慶であり

外でストレスが発散できない分

そのコンプレックスによるストレスの行き先が、

家族などの身内、またはあなたや浮気相手等に向けられるのです。

 

最もあなたに対してコンプレックスを

持っている場合も考えられます。

 

つまり交際相手や配偶者とあなたが同じ仕事だった場合

あなたが評価されていたとしたら

 

交際相手や配偶者はその劣等感から

半ば八つ当たり気味でDVをし、

それこそ浮気に走る可能性もあるのです。

 

暴力的DVよりも、言葉や精神的なDVになる可能性もあり

見極め方見破り方も、浮気やDVをする人の言動は

意味もなく対象者を見下す言動が多いので

傍から見るとかなり解り易いのかもしれません。

 

 

浮気とDVをする人は非を認めない上に無責任!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気とDVをやってしまう人の特徴の一つに

先ずは自らの非を認め無い傾向があります。

 

正論をかざしても、マルっと人のせいにするのです。

 

浮気にしても真意はどうであれ

「浮気相手から言い寄られた」と、

シレっと云い退ける事もあるのです。

 

逆に周りから責められると

「誘われたから応じただけだ、何か悪い!」と開き直ったり

浮気相手を責めたりします。

 

またあなたに対しても

浮気を伏せた上で人に責められたことを力説し、

仮にあなたが反論するなら

「さも何もかも知ったかのように反論するな!」と

論点をずらし、なぜかあなたを責めようとするのです。

 

こうなると不本意とはいえあなたが謝るしかありませんが

これは本当の意味で解決にはならないのです。

 

あなたの交際相手や配偶者が、浮気はさておき

非を認めない上に無責任な性分かどうかを見破るには

交際相手や配偶者の普段からの言動で判断可能と考えますが

いかがでしょうか?

 

 

浮気とDVをする人は束縛したがる傾向がある!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気とDVをする人はパートナーでもあるあなたや

浮気相手を「モノ」としてみる傾向があるのでしょうか?

 

そのようなタイプの人は

その「モノ」であるパートナーを所有したい

コレクションしたいという強い支配要求に駆られるようで

一方的に強制的にあなたや浮気相手を

支配下に置こうとするでしょう。

 

あなたの異性の友人・知人はおろか

同性の友人・知人との交友関係に平然と小うるさく口出しをし

一方的な管理や束縛をしようとします。

 

おそらく浮気相手にも同様の事を強要するでしょう。

 

これが、あなたや浮気相手が「女性」なら

この一方的な管理や束縛行為も「愛ゆえの行為」と何故か変換され

納得してしまいがちに。

 

一方的な管理や束縛行為がエスカレートすると

あなたや浮気相手は、個々の家族でさえも連絡を絶たせ

完全に孤立させようとします

 

外との繋がりを完全に断ち「2人だけの世界」を作り

このような状況が「普通」と錯覚させ、

周囲に悟られないような、ひっそりとした異常な世界を構築します。

 

ここまで悪化すると、完全に「監禁」であり「虐待」です。

 

浮気とDVをする人とあなた、または浮気とDVをする人と浮気相手、と

2つの世界を作り、浮気とDVをする人は

その世界を行き来しつつ気ままに楽しむのです。

 

ここまで極端なケースは稀とはいえ

「支配欲が強い人であるかどうか」の見極め、見破り方ですが

ズバリ「あなたの交友関係に介入するかどうか」に尽きると考えます。

 

 

浮気とDVをする人は必要以上にプライドが高い!


参照元:https://www.photo-ac.com/

先の「コンプレックスを抱えている」の裏返しと

解釈可能なDVする人の特徴の1つです。

 

プライドとは、誇りや自尊心の事であり、

通常は良い意味に使用される事が多いでしょう。

 

もちろん「プライド」を持つこと自体は決して悪いことではありませんし、

社会人ならある程度のプライドを持って仕事をしていることでしょう。

 

むしろ、プライドがない方が問題になるのかもしれません。

 

しかし、プライドが高すぎる人の場合、

根深いコンプレックスがあるとされることもあるのです。

 

浮気やDVする人の場合、その劣等感を隠す故に

立場の弱いあなたをターゲットにする事で

「身体的暴力」や「精神的暴力」など様々な暴力をふるい

「自分は本当は有能な人材」「誰よりも優れている人間」と

自己陶酔しているだけなのです。

 

ある意味解り易い芝居かかった言動が多いのも、

このタイプの特徴です。

 

「コンプレックスを抱えている」の

裏返したる理由は此処にあるのです。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

浮気とDVをする人の対処方法は?

命の危険を伴う緊急性もあるので

浮気はさておきDVへの対処は急務です。

 

基本的に、まずは「逃げる」事でしょう。

 

浮気とDVをする人にはまずは何が何でも避難!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ご存じの通り、

何らかの「ダメージ」を伴う様々な種類のDV

 

そのDVを長期間受け続けると、

様々な判断ができなくなる上に萎縮する事もあります。

 

その結果、見事に浮気やDVする人に「洗脳」され、

「逃げる」という選択肢が消えてしまうケースもあるのです。

 

さらに「浮気」が絡むと「浮気されたから逃げたいのに、

DVが怖いからそれができない。」との心理的矛盾が生じてしまい

結果的に「壊れてしまう人」も多いのでは、と推測します。

 

しかし、このままでは浮気やDV問題は収束しないでしょう。

 

何と言ってもあなたや、

この問題に関係する誰もが幸せにはなり得ません。

 

まずは、実家や共通の友人知人の助力を得てまでも

何が何でも避難することが先決でしょう。

 

 

浮気とDVをする人には同棲中なら同棲解除そして別れる事!


参照元:https://www.pakutaso.com/

浮気はさておき

DVする人と話し合いを重ねても

全く進展がない場合は一旦関係を解消するのが

最も効果的な対処法であるのは火を見るより正論です。

 

しかし、それまで話し合いに応じなかった浮気やDVする人が、

いきなり関係解消を提示したところで、

素直に応じるとは考えられません。

 

むしろ「私の顔を潰した!許さない」と云わんばかりに

DV被害がさらに悪化する危険性があります。

 

そのような理不尽な危険性を避けるためにも、

関係解消を切り出す話し合いなどは

必ず第3者が多い場所などで行うようにしましょう。

 

周囲の目を異様に気にする浮気やDVする人が多いので

公衆の面前で平気で暴力を翳すことは無いでしょう。

 

ただ、関係解消を切り出した後は、

必ず公的機関にも相談する事を保険としておすすめします。

 

 

浮気とDVをする人には然るべきところに相談!


参照元:https://www.pakutaso.com/

その上記の項目の「公的機関にも相談」の相談先が、

つまり「然るべきところ」でもあり、さらに

警察」や「内閣府男女共同参画局」と大きく2つに分かれます。

 

内閣府男女共同参画局」内でもかなり細分化されており

文字通り「DV相談」がメインであり「DV相談窓口経由で、

相談目的に応じた最寄りの窓口に廻される流れになっています。

 

警察の相談窓口への相談は可能ですが、

より深刻な相談内容になってしまうのは想像に容易いでしょう。

 

ちなみに、警察に相談する場合は、

専用相談窓口「#9110」に連絡を。

 

「警察」以外の主な「然るべきところ」は以下の通りです。

  1. 内閣府男女共同参画局(DV相談窓口)
    参考までに電話番号は全国共通で(0570-0-55210)です。
  2. 女性の為のDV相談室
  3. 法務省|女性の人権ホットライン
  4. 配偶者暴力相談支援センター
  5. 各都道府県にある福祉事務所
  6. 女性センター
  7. 児童相談所

「各都道府県にある福祉事務所」より以下の項目は、

全国所在地一覧(PDFファイル等)を

記載したページにリンクしています。

 

詳細などについては全国所在地一覧を参考に

直接問い合わせる事をおすすめします。

 

 

浮気とDVをする人には弁護士に依頼!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気だけでも恋愛関係解消モノです。

 

しかし、これがDVをも加味されると、

自己の命を守る意味において、一時期な事であっても

避難・逃亡・潜伏等を考える人が大半でしょう。

 

本当に逃げ切る、

浮気やDV(特にDV)問題の収束を希望しているなら

直接弁護士への相談をおすすめします。

 

その弁護士といっても個々に得意とするジャンルがあり

例えばDV問題が得意な弁護士は

DV問題の更なる相談先等の詳細も把握しているハズです。

 

また浮気において

「婚約解消」や「慰謝料請求」等を考えているなら

浮気や慰謝料請求を得意としている弁護士が

心強い味方になってくれます。

 

また、法の観点からの交際相手との代理交渉も行うので

DV被害等でフラッシュバックが激しくて

交際相手に絶対に会いたくないが

「慰謝料請求」準備を進めたいと希望しているなら

弁護士以上に適したポジションは考えられないでしょう。

 

しかし、注意しなければいけないのは

その弁護士に相談するにおいても、実は「決定的な証拠」ありきなのです。

 

 

 

浮気とDVをする人と別れるおすすめ方法は?

そのDVですが、DVと一重に言っても様々です。

  • 「身体的暴力」…文字通り直接的な「暴力」。
    「DV」ときけば、真っ先にイメージするでしょう。
  • 「精神的暴力」…「モラハラ」と言えば解り易いでしょうか?
  • 「経済的暴力」…一方的な経済的制限を「強制」する行為です。
  • 「性的暴力」… 「AVやポルノ雑誌強制鑑賞」
    「強制的な性行為」など、文字通り「性暴力」です。

意外に多岐に渡っており、一筋縄ではない事が伺えます。

 

さきにも述べましたが「浮気とDVする人」の「対処法」は、

極論ですが「逃げ切る」しか無いのが現状です。

 

しかし、悲しいかな「逃げ切る」だけでは、

問題の根本的な「解決や収束」にはならないジレンマ。

 

結果的に「逃げ切る」事になった場合でも

よくある「自然消滅」ではなく

「けじめをつける必要がある」と考えたうえで。

「ちゃんと別れる」事をおすすめします。

 

なぜこのような事を述べるのでしょう?

 

恋愛関係における同棲期間中は何かと

浮気云々も状況によっては責任追及モノですが

「浮気とDV」の「DV」においても

責任の所在を明確にする為です。

 

しかしその為には、

DV被害を証明する下記の様々な「決定的な証拠」が必要です。

  1. 暴力行為や暴言または非難中傷を示す映像証拠や音声証拠、メールなど
  2. 破損物品や負傷当初の写真画像
  3. 破損物品の修理時見積書や、負傷治療時に対応した医師による診断書
  4. 家族や友人知人など、周辺周囲の関係者による証言
  5. 日常的なDVによる被害や様子を記述した日記やメモ、走り書きなど

独自収集する「証拠」が多いっぽく感じますが

DV被害蒙っている状況で

独自「証拠」収集可能かは通常考えにくいでしょう。

 

特に「1.映像証拠・音声証拠収集」は

独自で行うと「バレる」リスクが付き纏います

 

「バレたらどうなるか?」は、想像にお任せします。

 

しかしそれでも「けじめをつける」為にも

確実に上記の様な証拠を得ることが必要なのです。

 

まずは探偵事務所へ1度相談してはいかがでしょうか?

 

特に「原一探偵事務所」を強く推奨します。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

推奨したい理由は様々ありますが、主な理由としては以下の通りです。

  • まずは「原一探偵事務所」は
    不倫や浮気調査で有名でありまた得意とする探偵事務所
  • 映像証拠や音声証拠収集に長ける地道で高スキルな調査能力
  • 業界40年以上君臨する老舗探偵事務所ならではの
    豊富な調査実績による絶大なる安心感
  • 弁護士との連携が取れており
    それこそ「離婚」「慰謝料請求」「刑事事件訴訟」等に移行した場合でも
    希望によっては弁護士の紹介もOK
  • 解り易い調査料金構成の上に、支払方法等も柔軟に対応

 

浮気は元よりストーカーやDVによる命の危険もあるので

いち早くの対応が求められます。

 

DV被害状況によっては、精神衛生を保つためにも

「原一探偵事務所」への証拠収集の丸投げ

先に述べました「弁護士への相談」を含め

その先にある「婚約解消」「慰謝料請求」「刑事事件訴訟」等の対応

「原一探偵事務所」で紹介された弁護士に

丸投げする事をおすすめします

いかがでしょうか?

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

不倫や浮気が複数人いる時の対処法!やめさせ方や相手を特定するには?

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気や不倫をLINE(ライン)で見破る方法!バレず見ることもできる?

旦那(夫)を浮気で制裁する方法!相手や本人の懲らしめ方をご紹介!

 

以上「浮気とDVをする人の特徴や見抜き方!

対処方法や別れる場合は?」についてでした。

 

なぜか「浮気」と付くだけで「不倫」に比べ

軽いイメージが付きまといますが、

行為そのものや罪の深さはく同じです。

 

さらにDVが加わるとなると、

例外なく一気に修羅場となるのは目に見えています。

 

如何なる状況であっても、

正当化されるDVは存在しないのです。

 

日常的に「浮気とDVする人」な交際相手に

悩まされ続け疲弊しているなら

一時も早く「原一探偵事務所」を筆頭とした

「探偵事務所」に証拠収集依頼

一時も早く逃げ切り、事態収束を図る事を願ってやみません。