不倫とDVとセットでやってしまう人って

傍から見ると「良好な関係を破綻させる最悪コンボ」に過ぎません。

 

しかもDVは直接的な「身体的暴力」だけではなく

「精神的暴力」や「経済的暴力」、そして「性的暴力」など

多岐に渡り、なかなか厄介な代物と化しています。

 

しかし、不倫にしろDVにしろ増えているという

リアルな現状・現実が横たわっています。

 

それだけ不倫とDVとセットでやってしまう人が

増えている、という事なのでしょうか?

 

それとも後発的な要因が絡んでいるのでしょうか?

 

不倫にしろDVにしろ

「いかにもやりそうな人」がリアルにやってしまう一方で

「まさかあの人が?」的なケースがあり様々です。

 

一見、不倫とDVをする人の特徴は

あって無いようにも感じますが本当に特徴は無いのでしょうか

 

不倫とDVは誰にでも起こり得るのでしょうか?

 

気になるので、不倫とDVをする人の特徴や見抜く方法、

またその対処方法や離婚を希望する場合などをまとめました。

 

配偶者の不倫やDVに悩んでいる人、必見です。

 

また、配偶者の不倫やDVに悩んでいる方は

探偵事務所に頼ることをおすすめします。

 

数ある中でも特におすすめなのが『原一探偵事務所』!

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所なので

必ずあなたの力となってくれるでしょう。

 

電話相談は24時間365日無料で行なっているので

一度相談だけでもされてみてはいかがですか?

 

不倫もそうですがDVは特に自分達だけで

解決できる問題ではありあません。

 

手遅れになる前に勇気をだして

原一探偵事務所に相談してみてくださいね。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

不倫とDVをする人の特徴や見抜き方は?

不倫とDVをする人の見分け方が本当にあるのかどうか、

本当に気になりますよね?

 

不倫とDVをする人の特徴ですが、

一定の傾向がやはりあるようです

 

不倫とDVをする人はプライドが高いが自信は無い!


参照元:https://www.pakutaso.com/

  • 「好きだからこそ、本気で愛しているだからこそ、
    思わず手を挙げてしまう」
  • 「本気で愛しているから、つい暴言を吐いてしまう」
  • 「好きだからこそ、ずっと監視したい」

不倫とDVを「シタ側」視点の「言い訳」ですが、

言い訳が「異常」なのは理解できますでしょうか?

 

本気で好きな人、愛している人に対しては

大切に想うからこそなかなか暴力や暴言などの行動に出にくいモノ。

 

大切に想うからこそ、あなたに非があった場合にのみ

手を挙げる事もあるでしょう。

 

それでも日常的に手を挙げることなど、

先ずは考えられません。

 

好きだから、愛しているからつい手を挙げてしまう」という

意見も散見されますが、それは「甘え」にすぎず

自分自身に「自信」が無く甘えたいから、つい

暴力・暴言・拘束等の極端な実力行為に頼るのです。

 

また、総じて「支配したい」からこそ

プライドが高く、総じて上から目線であなたに絡む事も

非常に多いのではないでしょうか?

 

 

不倫とDVをする人は不倫しやすい!


参照元:https://www.pakutaso.com/

自分に自信がないからこそ、

自信が持てるまで次々と不倫しやすい

不倫とDVをする人はそのような傾向があるように感じます。

 

  • 二重人格的な性質?

配偶者の暴力性が発現するのは、原則的には家庭内のみであり、

意外にも社会的な適応力が高いのが

不倫とDVをする人の特徴の1つでもあります。

 

それ故に、社会的地位や職種に関係なく

至る処に不倫とDVをする人は存在している結果となります。

 

  • 自分自身に自信が無い故の自尊心の低さ

自尊心が低い故に、不倫とDVをする人は

外部からの侮辱や侮蔑に異常な程に敏感でです。

 

一般的にギャグで通る事であっても、不倫とDVをする人は

ギャグでは通らない挙動をする事があるかもしれません。

 

このタイプの人物は、何か事ある毎に「馬鹿にされた」と

一方的に被害妄想に陥りやすく

また仕事以外の対外コミュニケーションは旨く立ち回れない事も多いので

プライベートにおいてのトラブルメーカー認定される事もあるでしょう。

 

また、自己コントロールが制御できない配偶者に至ると

職場においてもトラブルメーカー認定されるのは間違いありません。

 

 

不倫とDVをする人は異性を「モノ扱い」する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

あまり考えたくはないですが、

不倫とDVを繰り返す人は

異性をある種の「モノ扱い」する傾向があります。

 

特に男性に多い傾向ですが

女性を「道具」とする事により

男性のの支配欲を充足するためだけに女性を利用するのです。

 

例として不倫気質の人は1度に複数もの異性と不倫し

いわゆる「ハーレム」状態になる事がありますが、

「ハーレム」そのものが目的ではなく

複数の異性を「手に入れる」行為そのものを目的とするのです。

 

コレクション感覚といった方が解り易いかもしれません。

 

この様な着想しやすい人は

かなり我儘であり自己中心的な行動原理に従い動くため

不倫だからと一般的にあるとされる

強い罪悪感に支配される事はありません。

 

また特に男性は

「男性たるや、不倫や浮気は付きモノ」等の

男尊女卑」的な考えに囚われている場合もあります。

 

仮に言い争い等であなたが正論を述べても、配偶者は

逆ギレし「黙って俺のいう事を聞いてりゃいいんだよ!」的な

発言も多いのではないでしょうか?

 

「男尊女卑」的な考えは

悲しいかな「不倫とDVをシタ側」の特徴とかなり被っています

 

「異性を支配する」心理行動が

不倫とDV行為に走らせる事になるかどうかは

「不倫とDVをシタ」配偶者の

キャパシティにもよると考えます。

 

 

不倫とDVをする人は不倫相手にもDVする!


参照元:https://www.pakutaso.com/

本質的にDV気質を持つ配偶者は、

その気質がかなり激しい場合、

あなただけでなく「身内感覚」で不倫相手にも

DV行為を繰り返す事もあるでしょう。

 

このような配偶者は、

現在絶賛不倫中の配偶者自身の行為を棚にあげ

なんと不倫相手に対し制裁を容赦なく加える

身勝手な配偶者の様なケースも特に最近は増えているのです。

 




 

不倫とDVをする人の対処方法は?

不倫は元よりDVとなると、

命の危険も伴う可能性が飛躍的に高くなるケースも。

 

なので対処方法も、

緊張感を伴う緊急を要するモノになります。

 

それ位に不倫とDVは油断がならないのです。

 

不倫とDVをする人にはまずは別居する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ご存じの通り、

一重にDVといっても様々な種類があります。

 

冷静に考えると、どのDVも精神的・神経的・肉体的に何らかの

「ダメージ」を伴う事が判断できますが

長期間DVを受け続けると様々な事に萎縮してしまい、

いつの間に「洗脳」され、「逃げる」という選択肢が

欠落するケースも多いのです。

 

しかもさらに「不倫」も絡んでいるとなると、

不倫サレたから逃げたいのに、

DVが怖いので逃げられない。」という心理的矛盾が生じ

壊れてしまう人」も多いのではないでしょうか?

 

でも、このままでは不倫やDV問題は解決しません。

 

何よりもあなたを含め、

この問題に関わる誰もが幸せにはなりません。

 

まずは、実家や友人知人の力を借りてまでも、

別居する事をおすすめします。

 

「不倫サレた側」が上記の理由で動けないケースも多々あり

異変を感じたら、周囲がすぐに動く事も重要と考えます。

 

 

不倫とDVをする人にはまずはDV専門機関に相談する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

命の危険を伴うDVの事もあり、

DV専門機関」と見出しには記載していますが

まずは「DV相談窓口」及び「警察」が、

相談窓口の筆頭に挙げられます。

 

警察に相談する場合は、専用相談窓口「#9110」に相談を。

 

「警察」以外の主な「DV専門機関」は以下の通りです。

  1. 内閣府男女共同参画局(DV相談窓口)
    ちなみに、電話番号は全国共通で(0570-0-55210)です。
  2. 女性の為のDV相談室
  3. 法務省|女性の人権ホットライン
  4. 配偶者暴力相談支援センター
  5. 各都道府県にある福祉事務所
  6. 女性センター
  7. 児童相談所

各都道府県にある福祉事務所以下の項目は、

全国所在地一覧(PDFファイル等)を記載したページにリンクしているので

詳細などについては直接問い合わせる事をおすすめします。

 

 

不倫とDVをする人にはDVシェルターに避難する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

逃げるといった意味では「別居」と同じですが、

命の危険に及ぶレベルで緊急を要するなら

一時的に「DVシェルター」に

逃げ込む事も視野に入れた方が良いでしょう。

 

また行政が運営する「公的シェルター」と

民間団体等が運営する「民間シェルター」と

2つに大きく分かれます。

 

しかしそれ以外の情報については、

DVシェルターの特性上秘匿性がかなり高く

ネット上ではDVシェルター存在を

示唆する表記は散見されるモノの

「避難者を徹底的に守る観点において」

詳細については公開されていません。

 

今すぐにでもDVからの逃げたいとかなり悩んでいるなら

上記で紹介した内閣府男女共同参画局

配偶者暴力相談支援センター に連絡する事をおすすめします。

 

 

不倫とDVをする人にはDVや不倫問題に詳しい弁護士に相談する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

不倫行為だけでも離婚推奨モノですが

これがDVもプラスされると、自分の命を守る意味でも

離婚を念頭に考えている人が多いのではないでしょうか?

 

子供がいるなら尚更でしょう。

 

本当に離婚を考えているなら、

直接弁護士への相談を推奨します。

 

弁護士でも得意とするジャンルがあり

例えばDV問題を得意としている弁護士の場合は

相談センターの詳細もかなり熟知しているでしょう。

 

また「離婚請求」及び「慰謝料請求」を想定しているなら

離婚や慰謝料請求を得意としている弁護士が

心強い味方になってくれます。

 

また、法の側面から配収者との交渉の代理も行うので

DV被害等で配偶者にどうしても会いたくないが

離婚に向けても準備を進めたい場合は

弁護士以上に適した人材は

先ずは存在しないといっても過言ではないでしょう。

 

しかし、悲しいかな、そのような弁護士に相談するにしても

実は「決定的な証拠」ありきなのです。

 

 

 

不倫とDVをする人から離婚するおすすめ方法は?

上記で述べましたように

不倫とDVを同時にやってしまう人への「対処法」は

「逃げ切る」しか無いのが現状です。

 

しかし、悲しいかな「逃げ切る」だけでは、

問題の「解決や収束」にはならないのです。

 

例え結果的に「逃げ切る」事になるのしても

一旦「縁を切る必要がある」と考えます。

 

「縁を切る必要がある」の「縁」とは

そう「離婚する」事です。

 

不倫(「不貞行為」の有無)だけでも充分離婚原因になりますが

DV行為が加わると、誰がどのように考えても

「離婚間違いなし」と解釈するでしょう。

 

しかしDV原因でもDVを受けた事を証明する、

以下のような様々な「決定的な証拠」が必要であることも事実です。

  1. 暴力行為や暴言、非難中傷があった事を示す、映像証拠、音声証拠、メール
  2. 破損物品や怪我した当初の写真画像
  3. 破損物品修理時の見積書や、負傷治療した際の医師の診断書
  4. 家族や友人、知人等の周辺周囲の関係者による証言
  5. 日常的に受けたDVによる被害を記載した日記やメモ書き、健忘録など

自らが収集する「証拠」が多いように感じますが

DV行為を受けてるギリギリな状況で

このような「証拠」が収集できるとは、通常考えにくいでしょう。

 

何よりも、特に「1.」のような映像証拠・音声証拠収集を独自で行うにも

常に「バレる」リスクが付きまといます。

 

「バレたらどうなるか?」は、火を見るより明らかでしょう。

 

そこで、おすすめしたい方法があります。

 

まずは、確実に上記の様な証拠を押さえるためにも

まずは探偵事務所へ1度相談してはいかがでしょう?

 

特に「原一探偵事務所」を強く推します。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

強く推す理由は様々ですが、主なモノとしては以下の通りです。

  • まずは「原一探偵事務所」は
    不倫や浮気調査に強い探偵事務所である事
  • 映像証拠や音声証拠収集に長ける高スキルの調査能力
  • 業界40年以上君臨する老舗探偵事務所ならではの
    豊富な調査実績による絶大なる安心感
  • 弁護士との連携が取れており
    それこそ「離婚」「慰謝料請求」「刑事事件訴訟」等に移行した場合でも
    希望によっては弁護士の紹介もOK
  • 解り易い調査料金構成の上に、支払方法等も柔軟に対応

 

不倫は元よりストーカーやDVによる命の危険もあるので

いち早くの対応が求められます。

 

DV被害状況によっては、精神衛生を保つためにも

「原一探偵事務所」への証拠収集の丸投げ

先に述べました「弁護士への相談」を含め

その先にある「離婚」「慰謝料請求」「刑事事件訴訟」等の対応も

「原一探偵事務所」で紹介された弁護士に

丸投げする事をおすすめしますが

いかがでしょうか?

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

不倫相手から脅迫や恐喝を受けて脅されている時の対処方法とは?

旦那(夫)を不倫で制裁する方法!相手や本人の懲らしめ方をご紹介!

妻(嫁)を不倫で制裁する方法!相手や本人の懲らしめ方をご紹介!

不倫や浮気調査の探偵の選び方!注意するポイントや安くするには?

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

 

以上「不倫とDVをする人の特徴や見抜き方!

対処方法や離婚する場合は?」についてでした。

 

よく耳にするコトバに「不倫は心の殺人」があり、

さらにDVとなると「リアル殺人」も厭わない行為

 

「シタ側」は欲のままに「気軽」に従っているだけですが

「サレた側」視点だと、不倫とDVは

まさに「即死」的な行為といっても過言ではない行為なのです。

 

「シタ側」の欲に振り回され

命の危険に晒されるのは堪ったモノではありません。

 

不倫とDVをする配偶者に悩まされ続けているあなた、

一刻も早く「原一探偵事務所をはじめとした

「探偵事務所」依頼し一刻も早く逃げ切る事を願います。