探偵は浮気、不倫調査をする時に

GPSを用いたりしてターゲットの動向を確認したりしますが、

実際は探偵自らの足で尾行や張り込みをして証拠を集めます。

 

このように最後は探偵自ら証拠を集めるしかありません。

 

探偵の仕事の8割は浮気調査だと言われていますが、

そんな浮気調査のプロである探偵も失敗することはあります。

 

今回の記事ではどのようなケースで

浮気や不倫調査を失敗したことがあるのか、

失敗した時の返金や保証は

どのようになっているかについて説明していきます。

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

浮気や不倫調査を探偵が失敗することはあるの?

参考元URL:http://www.hiddeninvestigator.com/

さきほども申し上げましたが、

探偵も不倫調査を失敗することはあります。

 

理由はどうしても

探偵自身が行動を起こさなければいけないからです。

 

GPSを相手の持ち物に忍び込ませたとして、

そのままデート場所に行ったとします。

 

GPSによりその場所で遊んでいるかもしれませんが

しかし、それだけでは確なる証拠とはいえません。

 

依頼のターゲットが確実に浮気をしているのか

ジャッジをする際には明確な証拠が必要になります。

 

重要な証拠を集める際にはどうしても

リスクを伴った行動が必要になるので、

その際に探偵の行動がターゲットやその周囲にばれて

失敗してしまうというケースが多いです。

 

 

 

浮気や不倫調査を探偵が失敗する例は?

では実際、浮気調査は

どのようなケースで失敗するのでしょうか?

 

なにも探偵の存在を確認されることだけが失敗のケースではありません。

 

ここでは数少ない失敗のケースの中でも、

特に起きやすいケースを集めてきました。

 

尾行していた駅構内で駅員に通報されてしまう

参考元URL:http://www.metro-eye.jp/

ターゲットを尾行している時に

周囲が気づいてしまうケースです。

 

誰かを尾行していると駅員のような

周囲を注意している人間には見つかりやすいです。

 

もちろん探偵もそのような事態には陥らないよう、

細心の注意をはらいますが、

それでも周囲が気づくときは気づきます。

 

駅員や警察に怪しいと判断された場合は

事情聴取をされてしまいますので、

調査を実行することは難しくなります。

 

もしその現場を調査者に見られていた場合は

その後の尾行も困難ですので、

おとなしく撤退するしかありません。

 

浮気調査が失敗するケースとしてこのケースが一番多いです。

 

 

明確な証拠が見つからない

参考元URL:http://dairexia.com/

ターゲットが浮気、不倫をしているか確認するためには

明確な証拠が必要になるのは当たり前ですが、

浮気をしていない場合も『していなかった証拠』が必要です。

 

しかし、調査をするケースによっては

部外者が潜入しづらい場所で

ターゲットが他の相手と会っていることもあり、

証拠を見つけづらいことがあります。

 

会員制の施設などは特にです。

 

いくら情報を集めるプロの探偵だとしても

潜入できないのであれば

情報を集めるのは容易ではありません。

 

不倫調査をしていること自体がばれる以外にも

こんな風に不倫調査が失敗に終わってしまうケースもあります。

 

 

GPS装置が見つかってしまう

参考元URL:http://eco-le.jp/

探偵が尾行をしていないからといって

安心してはいけません。

 

相手の持ち物や車にGPSを忍ばせた場合

その機器が見つかる可能性があります。

 

あまりにも親しい人物でしが取り付けられないようなものに

機器をセッティングした場合、

その機器が見つかった時点で

探偵も、その依頼主までわかってしまいます。

 

実際に見つかるケースは少ないですが

可能性は0ではありません。

 

一応、こういうケースもあるんだということを

念頭に置いておきましょう。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼


 

浮気や不倫調査を探偵が失敗した時の返金や保証は?

参考元URL:http://www.revistavivienda.com.ar/

探偵が浮気、不倫調査を失敗した場合の返金があるかどうかは

依頼をする会社の契約の仕方によって違いがあります。

 

前払いだとして失敗した場合、

結ばれた契約の書類に

『調査結果、内容に関わらず料金は発生する』と記載があれば

たとえ明確な報告内容が得られないとしても返金はないでしょう。

 

探偵社としては、調査に成功しても失敗しても

料金を受け取りたいという気持ちがあります。

 

そのため、ほとんどの探偵社が料金を前払いで請求しています。

 

探偵が仕事をした後に報酬を支払う後払い制の会社に頼めば

そのようなこともありませんが、

なかなかそのような会社はありません。

 

なので、探偵と浮気調査の契約を結ぶ際は

しっかりと契約書類に目を通すようにしましょう。

 

 

 

浮気や不倫調査を探偵が失敗した後の相手との接し方は?

浮気や不倫の調査がもし失敗したとしたら、

その後は相手とどうな風に接したらいいかわからないですよね。

 

ネガティブになるのは良くないですが、

もしものことを考えておくのは大事ですよ。

 

これは浮気調査の失敗だけでなく

色々なことにも言えますので、

先にどのような行動をとるか考えておくと

いざというとき悩みすぎずに済みます。

 

浮気や不倫を匂わせる方が悪いと言う

参考元URL:https://aikatu.jp/

もともとの原因は相手の行動です。

 

そもそもその行動さえなければ

探偵を雇って不倫調査をすることもなかったですよね。

 

なので、浮気調査をして謝るよりも

相手に非があることを分かってもらう方がいいこともあります。

 

もし相手に悪気がなく浮気をするつもりじゃなかったとしても

やはりその行動は正してもらわないといけません。

 

自分を棚に上げるわけではありませんが、

相手の悪いところはしっかり指摘しましょう。

 

 

探偵に依頼したと正直に話してみる

参考元URL:https://www.chintai.net/

これ一番安全に済む方法です。

なぜ不倫調査を探偵に頼んだか正直に話してみましょう。

 

不倫を思わせるような相手の行動があったことを相手に伝え、

その真意を確かめておくのがいいです。

 

もし本当に不倫をしていたとしても、

あなたの誠実な行動に

相手が不倫をやめてあなたに真剣に

向き合ってくれるようになるかもしれません。

 

不倫をしていなかった場合にも

いちばん仲直りがしやすい方法です。

 

 

失敗したことを黙ってもういちど浮気調査を進める

参考元URL:https://nouvelles.wp-x.jp/

この方法が一番現実的なのではないでしょうか?

 

正直に話してみたりするのもいい方法かもしれませんが、

不倫の疑いがあるような行動をする人相手に

正面から話し合うのもどうかと思います。

 

あなたがもう不倫調査をしないと思って

さらに不倫を続けることも考えられます。

 

相手を信じるためにも一度ちゃんと不倫の現場を抑えるか、

不倫をしていなかった証拠を得て

真相をはっきりさせましょう。

 

 

 

浮気や調査で失敗が少ない実績ある探偵事務所は?

もし今浮気や不倫の悩みを抱えている方は

ぜひこの事務所を検討してみてください。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

原一探偵事務所は

浮気や不倫調査をした後のことまで相談できる探偵事務所です。

 

浮気の証拠を押さえたあとどうするか考えていますか?

 

その証拠を押さえ真相をはっきりさせたいだけの方もいれば、

その後に慰謝料を請求したいという方もいます。

 

もしそうなった場合は浮気の証拠があるのとないのとでは

かなりの差があります。

 

そしてこの探偵事務所は業界トップクラスの調査力で

『勝つための証拠』をつかみ取ってくれます。

 

なので、浮気、不倫調査のその先をかんがえているのであれば

ぜひこ探偵事務所に連絡してみてください。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

不倫や浮気調査の探偵の選び方!注意するポイントや安くするには?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

不倫や浮気には盗聴器を!安い通販のおすすめランキングのご紹介! 

不倫や浮気調査ではGPSを!安い通販のおすすめランキングのご紹介!

 

以上、浮気や不倫調査を探偵が失敗した時の

対応方法などの説明でした。

 

もちろん探偵は失敗しないように

細心の注意をはらい、仕事を遂行しますが

それでも100%絶対に成功するということはありません。

 

ですが、リスクのことを考えていると行動できないので

真相を確かめたいのであれば探偵事務所に依頼しましょう。