ふと思います。

 

浮気や不倫相手の実家を知りたいという事は

かなり泥沼な状況ではないでしょうか?

 

つまり浮気や不倫相手がなかなか捕まらない、

浮気や不倫相手が事実上

「住所不定(あまり考えたくないですが)」の場合など、

極端ではありますが様々な状況が考えられます。

 

なので、浮気や不倫相手がなかなか捕まらない場合でも

さすがに実家へは何らかの連絡があるのでは?の期待と

子供である不倫や浮気相手が何をしたのかを

不倫や浮気相手の親に理解してもらう事が目的で

浮気や不倫相手の実家に連絡を取りたいと思うのも自然です。

 

浮気や不倫相手に反省の色が見えないなら

浮気や不倫相手の親や親戚から話を進める状況もあるでしょう。

 

なので、浮気、不倫相手の実家を調べる方法や

実家を特定する際の注意必須事項などをまとめました。

 

浮気や不倫相手が逃げ回ってなかなか捕まらないと

ブチ切れている人、必見です。

 

▼原一探偵事務所▼


 

浮気、不倫相手の実家を調べる時に注意する点は?


参照元:https://www.pakutaso.com/

浮気や不倫相手の「実家=親」という関係上、

浮気や不倫相手の実家を調べる際に

注意すべきポイントも独自のモノがあります。

 

  • 調べる方法によってはバレるリスクを負うものがある。

浮気や不倫相手の実家等の項目に限らず、

独自で調べる方法は少なからずリスクを負います。

 

法に触れるリスクや

交際相手や配偶者または浮気や不倫相手等に

バレるリスクなど、常に心に留め慎重に

調べを進める必要があります。

 

リスクを負ってもどうしても対処したい人は

この限りではないですが

浮気や不倫相手の実家を調べる前に、

その調べる方法そのものを選定する必要が

あるのかもしれません。

 

  • 損害賠償請求される可能性がある。

浮気や不倫の事実をその相手の親に告げる行為が

名誉毀損」に該当するかどうか?

 

浮気や不倫の事実をその相手の親「だけ」に告げるのなら

「名誉毀損」には該当しないとされていますが

民事において「プライバシー侵害」で

慰謝料発生し請求される可能性があります

 

「浮気や不倫相手の親」は明らかに

「浮気や不倫相手」のプライバシーだからでしょう。

 

  • 相手の親には原則的に法的責任は無い。

実は「不倫や浮気」という「共同不法行為」の責任は

「不倫や浮気」当事者2人にのみ生じます。

 

なので不倫や浮気相手の親戚はおろか

親には法的責任は有りません。

 

つまり、浮気や不倫相手の親に対して、

慰謝料請求をする事はできません。

 

浮気や不倫相手が未成年でも同様ですが、

親の任意で慰謝料請求を受けた場合は問題ありません。

 

  • 弁護士から「内容証明郵便送付」そのものを断られる場合も。

浮気や不倫相手の親は、

子供である浮気や不倫相手の

当該問題には無関係な立ち位置です。

 

上記の理由にて「内容証明郵便送付そのものを

断る弁護士も多いでしょう。

 

 

 

浮気、不倫相手の実家を調べる方法は?

「浮気や不倫相手」関連でも

「実家(親や親戚)」の情報は

「浮気や不倫相手」自身の個人情報よりも、

なかなか特定し難い傾向にあります。

 

それでも、浮気や不倫相手の実家を調べる方法は

探せばあるものです。

 

浮気、不倫相手の実家を調べるにはその相手の住所の確認から!


参照元:https://www.photo-ac.com/

不倫や浮気相手の実家を調べる方法というより

その前準備または下調べに近い「方法」です。

 

例えば「名前」でも、難読姓名でもない限りは

同姓同名の別人はそれ程珍しい事ではありません。

 

「電話番号」でも、

店舗や企業の「窓口」であれば

ある程度調べる事も可能ですが、

個人の携帯番号などは、

まず独自では調べることは不可能です。

 

※原則的に探偵に依頼するしか方法は無いでしょう。

 

コレが住所となると、さすがにかなり絞られてきます。

 

しかし、いきなり独自で不倫や浮気相手の実家を調べる方法は

少々敷居が高すぎますが、不倫や浮気相手の住所を調べる方法は、

その為のヒントとなる要素は割と身近に点在しています。

 

不倫や浮気相手の実家を調べる方法目的で

後述する「弁護士照会」依頼するにしても、

「住民票」や「戸籍」を請求するにしても

浮気や不倫相手の住所は必要です。

 

※浮気や不倫相手の住所を調べる方法は、

今回の記事のテーマからずれるので

詳細の記載は控えさせていただきます。

 



 

浮気、不倫相手の実家を調べるには宅配便ドライバーを装う!


参照元:https://www.photo-ac.com/

宅配便ドライバー」を装って、

浮気や不倫相手の実家を特定する方法があります。

 

ただし、この方法はすでに

浮気や不倫相手の実家の電話番号」を

入手しているというかなりレアな状況限定です。

 

※「浮気や不倫相手の実家の電話番号」のみを

特定している状況って、

偶然特定できたという事象以外考えられませんが。

 

知人等の「協力者」が存在する事が前提であり、

その協力者が宅配業者を装い

浮気や浮気や不倫相手の実家の電話番号に電話をして

正確な住所を聞き出します。

 

※詳細な方法の記載はご了承ください。

 

また「浮気や不倫相手の実家」が

飛行機の距離程に離れている場合は、

この調べる方法は使えません。

 

よく考えると解る事ですよね?

 

この方法は、バレる可能性があるリスクを負うの

可能性が非常に高い方法であり、

正直かなりバクチ的要素も強いのも事実です

 

浮気や不倫相手の実家の

電話番号を調べる方法選定の際は、かなりの熟慮が必要です。

 

 

浮気、不倫相手の実家を調べるにはSNSで確認!


参照元:https://www.photo-ac.com/

すでに浮気や不倫相手の電話番号や

メールアドレス等が特定できていれば、

SNS、特に「Facebook」上で

メールアドレス検索によって特定する方法があります。

 

「Facebook」の「基本データ」に、

一例ですが以下の項目があります。

  • 本名
  • 誕生日
  • 家族構成
  • 出身地
  • 出身校
  • 勤務地

特に「出身地」に注目です。

 

すべてにあてハマる訳ではありませんが

出身地=実家がある地域」の可能性が

ゼロではありません。

 

もちろん、実家も移動(引越)している可能性も充分にあり

そもそも「基本データ」に記載すらしていない可能性もあります。

 

運よく「出身地=実家がある地域」が特定できれば

100%完全特定できるわけではありませんが

浮気や不倫相手の電話番号やメールアドレスに

「出身地」の要素がプラスされる事で

ある程度情報が揃う事になります。

 

この情報を持って、後述する他の調べる方法等で

特定する事をおすすめします。

 

 

浮気、不倫相手の実家を調べるには相手の住民票や戸籍を取得!


参照元:https://www.photo-ac.com/

昔は、それこそ有効だった方法ですが

最近は「個人情報保護」の観点から、

時間が経つにつれ高難度のに進化している方法です。

 

浮気、不倫相手について、

一例ですが以下の情報が特定できれば

住民票や戸籍収得が可能です。

  • 名前
  • 誕生日
  • 住所
  • 取得を必要とする正当な理由

 

この「取得が必要とされる正当な理由」が重要で、

「慰謝料請求など法的に必要」のような

理由であれば請求できます。

 

住民票を取得することで本籍地が確認できます。

 

多くの場合、実家が本籍地となっており、

戸籍で確認すれば、相手の親や家族構成が判明します。

 

相手が引越を繰り返しているなら

戸籍の「附票」で確認可能です。

 

※「附票」とは

移動履歴すべてが記載されている公的書類です。

 

とここまで書けばすんなりと請求できるイメージに

感じるかもしれません。

 

しかし、昨今の「個人情報」の観点から

住民票や戸籍の取得は、自治体によって対応が違い

「取得が必要とされる正当な理由」をもってしても

「100%必ず取得できるモノではない」のが現実です。

 

また多くの自治体が、

住民票請求があった際に該当する当人に

通知がある「本人通知制度」を導入しています。

 

やはり「バレる」リスクがココにもある事を

心にとめた方が良いかもしれません。

 

 

浮気、不倫相手の実家を調べるには弁護士照会!


参照元:https://www.photo-ac.com/

弁護士に「弁護士照会依頼」する事で

浮気や不倫相手の実家を調べる方法もあります。

 

しかしこの方法は「弁護士依頼」故に、

正当な理由」とその理由を証明する

決定的な証拠」が必要です。

 

また「正当な理由」と証拠に対して審査があり

その審査をクリアした依頼のみを調査します。

 

※最近は「個人情報保護」の観点から、

項目(金融機関など)によっては

「正当な理由」をもってしても紹介不可なケースもあります。

 

浮気や不倫相手の親は、

その子供の浮気や不倫問題とは無関係な立ち位置です。

 

その理由故に「内容証明郵便送付」が理由での依頼だと、

浮気や不倫相手の実家調査依頼はまず難しいでしょう。

 

※「弁護士照会」依頼の詳細については省略させていただきます。

 

 

浮気、不倫相手の実家を調べるには探偵事務所に依頼!

不倫や浮気相手の逃亡先だとしても

不倫や浮気相手への説得を期待するにしても

不倫や浮気相手の住所不定故の

内容証明の送付先だとしても。

 

冒頭に述べましたように

不倫や浮気相手の実家を調べ、其々の目的に講じるのは

やはり最終(もしくはそれに近い)手段とも云えます。

 

また、不倫や浮気相手の実家を調べるにしても、

個人情報のひとつ(家族構成など)であり、

不倫や浮気相手の実家を調べる方法を選択するにしても

リスクを負う方法もある以上、

慎重に選択しなければいけません。

 

ここで敢えておすすめしたい

不倫や浮気相手の実家を調べる方法があります。

 

不倫や浮気相手の実家調査を「探偵事務所」へ、

特に「原一探偵事務所」へ依頼する方法がおすすめです。

 

▼原一探偵事務所へはこちらから▼



 

一例ですが、おすすめしたい理由は以下の通りです。

 

  • 各種リスク回避が可能

不倫や浮気相手の実家調査は

デリケートな面がある調査項目です。

 

それだけに先にご紹介した

「宅配便ドライバー」を装う方法等は

かなりリスクを負う方法です。

 

デリケートな面がある問題だけに

「原一探偵事務所」へ依頼することで

負わなくてもいいトラブルを避ける事が可能なのが

最大メリットでしょう。

 

  • 不倫や浮気相手の実家を特定できる確率か高い事

浮気や不倫調査に強く

また得意としている事でも有名な「原一探偵事務所」。

 

メディア露出も多く派手な印象がある一方で

地道な調査方法で結果を出す事でも有名です。

 

浮気や不倫相手の実家調査依頼から

慰謝料請求目的の証拠収集や対策まで

あくまで依頼者の予算の範疇ではあるとはいえ

依頼者の意向に寄り添う形で全力でサポートするでしょう。

 

  • 弁護士との連携が取れている

不倫や浮気相手の実家を調べるという事は

それ相当の「制裁(慰謝料請求)」を

想定している場合も多いでしょう。

 

その場合だと、弁護士への依頼も

想定していると同義です。

 

ですが弁護士依頼となると「決定的な証拠」も必要となり

これは先に紹介した「弁護士照会」依頼も同様です。

 

不倫や浮気相手の実家を調べる方法として

「原一探偵事務所」へ依頼するのもアリですが

 

そもそも「原一探偵事務所」は、

依頼者の希望によっては

弁護士の紹介も行っています。

 

「探偵事務所」から「弁護士事務所」への

全力での丸投げも可能なのです。

 

独自での調べる方法よりも

不倫や浮気相手の実家特定の確率がかなり高い

「原一探偵事務所」調査依頼を絶賛おすすめします。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気、不倫相手の会社を調べる方法や特定する時に注意する点は?

浮気、不倫相手の名前を調べる方法や特定する時に注意する点は?

不倫や浮気には盗聴器を!安い通販のおすすめランキングのご紹介! 

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

 

以上「浮気、不倫相手の実家を調べる方法や

特定する時に注意する点は?」についてでした。

 

不倫や浮気相手の実家を探し出したとして

その後をどうするのか

 

不倫や浮気相手当人のみに慰謝料を課す?

 

それとも、その不倫や浮気相手の親が存命の場合、

「不倫や浮気相手の親」が

不倫や浮気相手の説得を期待するか

もしくは本当に慰謝料請求する?

 

云えるのは、不倫や浮気相手がなかなか捕まらない場合、

実家に連絡する行為は、ある意味「最終手段」とも言えます。

 

血が繋がっているとはいえ、親と子供は別の立場。

 

その親が住んでいる実家に

何らかのアクションを起こす行為に

気が退けるという人も居るでしょう。

 

不倫や浮気相手の実家を調べる方法を探す前に

不倫や浮気相手の実家に何を望むのかを

再確認した方が良いと考えますがいかがでしょうか?