• 浮気や不倫相手の住所が不明な時
  • またはその住所で合っていても、当人が不在気味な時
  • ズバリ「社内不倫」疑惑があり、
    交際相手や配偶者の会社の規模に訴えたい時…など

浮気や不倫相手が就業している

会社を調べる方法を考える時って、

様々な理由でかなり修羅場っている状況であるのは

想像に容易いでしょう。

 

浮気や不倫でなぜ会社に?」と

感じる人も居るかもしれません。

 

「社内恋愛」を黙認する会社も普通に点在していますが、

一方で、個人のお客を相手するサービス業や飲食業、

宅配便や警備業界などは「社内恋愛」を禁止している

会社も多いと聞きます。

 

また銀行など厳しい社風の会社もあるでしょう。

 

多くは「社内職場の風紀を乱し、

作業業務に著しく明らかな停滞や支障を生じさせた場合」に

何らかのペナルティが科せられます。

 

「社内職場の風紀を乱し~」とは、

つまり「浮気や不倫」です。

 

浮気や不倫相手への連絡手段ではなく

制裁手段にも成り得る「会社を調べる方法」について、

その際に注意すべきポイントについても含めてまとめました。

 

浮気や不倫相手の行方に手を焼いている人、

それこそ浮気や不倫相手の会社を調べる方法を探している人、必見です。

 

また、浮気や不倫相手の会社を

確実に徹底的に調べ上げたいという方は

探偵事務所に頼ることをおすすめします。

 

数ある探偵事務所の中でも

特におすすめなのが『原一探偵事務所』!

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所なので

必ずあなたの力となってくれることでしょう。

 

電話相談は24時間365日無料で行なっているので

一度相談だけでもしてみてはいかがですか?

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

浮気、不倫相手の会社を調べる時に注意する点は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

不倫された側からすると、

多くの人が「やってしまいがち」な

浮気や不倫相手の会社を調べる方法ですが、

以下の内容については、本当に注意してください。

 

  • 浮気や不倫相手の会社に突入し浮気や不倫をバラすのは、予想外のリスクを負う

浮気や不倫相手憎しで、浮気や不倫相手の職場・会社に

あなたの交際相手や配偶者との関係を

報告したい、バラしたい衝動に駆られ実際に突入する「ハナシ」。

 

しかし、会社にバラすと逆にあなたが

訴えられる可能性が非常に高くなります。

 

本当にバラしてしまうと

プライバシーの侵害」「名誉毀損」「脅迫」「恐喝」等で

逆に慰謝料を払う側になるという予想外のリスクを負う事に。

 

浮気や不倫相手に何らかの制裁を課したい気持ちは理解できますが

浮気や不倫相手手の会社を調べた後でも

くれぐれも以下の様な行為は「絶対にやってはいけません!

  • 浮気や不倫相手の誹謗中傷のメール爆撃
  • 会社に無言電話
  • 直接会社に突入する

調べる方法でも、制裁を課すなら

法に乗っ取った方法(内容証明郵便送付等)で行う事をおすすめします。

 

 

  • 社内不倫(浮気)の場合、浮気や不倫相手への退職の強要はしない

交際相手や配偶者と浮気や不倫相手が

社内不倫浮気)だった場合、

浮気や不倫相手の退職を望みがちですが

あなたから浮気や不倫相手の会社へ相手の退職要求はできません。

 

一方的に浮気や不倫相手の退職要求を強要すると、

それこそ「脅迫」で訴えられる可能性があります。

 

また「社内恋愛」に厳しい社風の会社だと

浮気や不倫が発覚したことで

浮気や不倫相手は元より、交際相手や配偶者をも

会社内にて窮地に追い込まれる事に。

 

それを望んでいるなら話は別ですが。

 

 

  • 実は、浮気や不倫相手の会社を「必ず」調べる必要はない?

そもそも内容証明郵便送付先は

浮気や不倫相手の自宅が原則」であり

浮気や不倫相手の自宅が確定しているなら、

基本的に必要な情報ではありません

 

冒頭で述べましたように、以下の様な状況であれば

浮気や不倫相手の会社への内容証明郵便送付が認められるようです。

  1. 浮気や不倫相手の住所が不明な時
  2. またはその住所で合っていても、当人が不在気味な時

 

なので「嫌がらせ目的」で内容証明郵便を

浮気や不倫相手の会社へ送付するのは

ルール違反でありおすすめしません。

 

浮気や不倫相手の会社を調べた後の行動によっては

想定外の範囲で影響が拡大するので

なぜ浮気や不倫相手の会社を調べるのか?」を

冷静に考える必要があります。

 

 

 

浮気、不倫相手の会社を調べる方法は?

それでも、それこそ慰謝料請求においての

内容証明送付時など、浮気や不倫相手の会社を

知る必要がある状況もあります。

 

以下の浮気や不倫相手の会社を調べる方法は

その一部ですが、ご紹介します。

 

浮気、不倫相手の会社を調べるにはネットでの名前検索!


参照元:https://www.photo-ac.com/

下記の「SNSでの名前検索」と被る面がありますが

ネットで名前検索」といえば、

言葉の意味そのままを云いますが

ここで言う「ネットで名前検索」は

各種企業・店舗公式サイトを意味します。

 

名前で検索すると、

各種企業・店舗公式サイトがヒットすることがあり

その公式サイトを調べるのです。

 

以下はあくまで掲載例ですが、企業サイトの場合は下記のページに

個人名が記載されている場合があります。

  • 企業上層部や上層管理職の場合
    →「会社概要」「ごあいさつ」等
  • プロジェクトマネージャーや管理責任者(中間管理職)の場合
    →「業務実績」「社員の声」等
  • 一般社員、新卒社員の場合
    →「社員の声」「求人募集」等

 

店舗公式サイトの場合は、あくまで一例ですが

以下のページに掲載されている場合があります。

  • 企業上層部や管理職、個人経営の店舗オーナーの場合
    →「店舗概要」「ごあいさつ」等
  • チーフスタッフや管理責任者の場合
    →「スタッフ紹介」「店員の声」等
  • 一般スタッフ(バイトも含まれる場合がある)の場合
    →「スタッフ紹介」「求人募集」等

 

あくまで「顔出し・名前出しOK」 の管理職や

スタッフに限る場合が殆どであり

また「同姓同名」の可能性も否定できません。

 

名前で検索しヒットした企業名や店舗名が

浮気や不倫相手が就業している会社の可能性が

少なからずある、ということになります。

 

100%確実とはいきませんが

1度は、浮気や不倫相手の名前で

ネット検索してはいかがでしょう?

 




 

浮気、不倫相手の会社を調べるにはSNSでの氏名検索!


参照元:https://www.photo-ac.com/

数あるSNSでも、特に「Facebook」が該当します。

 

  • Facebook

上記のネット検索同様、浮気や不倫相手が

「Facebook」ページ開設してるなら、

ヒットする可能性が高いでしょう。

 

「Facebook」は基本「実名登録」が基本であり

「基本データ」の項目に「職場」があり、この項目に

現在就業している会社名が記載されてる場合があります。

 

「Facebook」登録者全員が、

必ずしも会社名が記載されてる訳ではありませんが、

1度「Facebook」で名前検索してみる事をおすすめします。

 

 

  • LINEは?

基本的にLINEでは浮気や不倫相手の

会社特定はほぼ不可能ですが、

「Facebook」アカウントでLINE登録しているなら

「Facebook」での情報がそのまま移行されている場合があります。

 

ですが、ごくレアケースでしょう。

 

 

  • 職種によっては企業の公式(スタッフ)ブログ

また、職種や社会的立場によっては、浮気や不倫相手が

公式(スタッフ)ブログを公開している場合もあります。

 

公式(スタッフ)ブログであれば、やはりある程度の

プロフィールが掲載されている可能性もあります。

 

そこに勤務しているスタッフ名が

フルネーム紹介されている場合もあります。

 

サービス業や飲食業、美容理容業、

もしくはクリエーター系の公式ブログが該当します。

 

公式サイトに浮気や不倫相手の名前が記載されていない場合

公式(スタッフ)ブログ上で名前検索しても良いかもしれません。

 

 

浮気、不倫相手の会社を調べるには年賀状や写真、名刺を確認する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

この方法は、交際相手や配偶者とその浮気や不倫相手が

同じ会社で就業している場合にかなり有効ですが、

違う会社の場合でも特定できる可能性があります。

 

交際相手や配偶者の職業が、

仮にサラリーマンだろうが自営業だろうが、

フリーランスやってようが、公務員だろうが、

働いている以上は

仕事上での何かしらの付き合いは少なからずあるでしょう。

 

つまり、慰安旅行や会社開催での宴会時での「写真」、

会社同僚や上司、

または異業種交流で知り合った知人等からの「年賀状」、

職種によっては取引先の「名刺」など、

公私関係なく様々なアイテムを残しているはずです。

 

一方で、学生からの旧友や同級生、

サークル仲間との付き合いが今もあるなら、

「写真」「年賀状」「名刺」等のアイテムも

やはり保存しているはずです。

 

「過去の交際相手と関係復活した場合」等は、

この「写真」「年賀状」「名刺」等のアイテムで、

名前や会社名が特定できる場合があります。

 

ただ、この「写真」「年賀状」「名刺」等を調べる方法は

交際相手や配偶者にバレるリスクがかなり高いので

調べる際は細心の注意が必要でしょう。

 

 

浮気、不倫相手の会社を調べるには浮気や不倫相手を尾行する!


参照元:https://www.pakutaso.com/

ご存じの通り、浮気や不倫相手をの外見を

認識している場合に有効で、

正に浮気や不倫相手を「尾行」する方法です。

 

ダイレクトに浮気や不倫相手を尾行するので、

「尾行」が成功すれば、

正に浮気や不倫相手が就業している会社が

間違いなく特定されます。

 

一方で、恐ろしく労力と時間と精神力を使う上に

かなりのハイリスクを負う方法です。

 

つまりバレる可能性があり、

ある意味「ストーカー規制法」に抵触する可能性もあるのです。

 

尾行してまで浮気や不倫相手の会社を調べたいなら

後述する「尾行のプロ」、つまり「探偵事務所」に

依頼する事をおすすめします。

 

 

浮気、不倫相手の会社を調べるには商業登録簿を取得!


参照元:https://www.photo-ac.com/

「ネットでの氏名検索」とある意味被る面がありますが、

さらに突っ込んだ「会社を調べる方法」があります。

 

浮気や不倫相手が会社のトップであるなら

「商業登記簿」を取得することで

浮気や不倫相手の名前が判明する方法があるのです。

 

そもそも「商業登記簿」とは、以下の引用文の通りです。

商業登記簿謄本(登記事項証明書)のうち、

履歴事項全部証明書を取得して役員欄や目的欄をチェックすることで、

企業の信用を確認することができます。

 

また商業登記とは、会社法・商法の規定により、

商人に関する重要な一定の事項を登記簿に記載して公開する制度です。

引用元:http://www.keiei.ne.jp/list/column.html?cid=10035181&pid=izumikaikei

 

商業登記簿」を取得する事で、

何が特定できるのでしょうか?

 

浮気や不倫相手が会社名が判明しても、

この世の中、同じ名称の会社が複数存在するのはザラにあります。

 

「商業登記簿」を取得する事で

浮気や不倫相手が会社のトップであるなら、

その会社のトップである事の確認が可能なのです。

 

また、浮気や不倫相手がその会社の役員であったなら

「商業登記簿」の「役員に関する事項」に

名前記載されているはずです。

 

ちなみに、有料ではありますが、

誰でも「商業登記簿」取得は可能です

 

※参考までに…オンラインでも

「商業登記簿」の検索・閲覧が可能です。

→ 登記情報提供サービス

 

 

浮気、不倫相手の会社を調べるには探偵事務所に依頼!

参照元:https://uwaki-aruaru.com/

ネットやSNSでの浮気や不倫相手の会社を調べる方法は、

精度でいえば「見つかればラッキー」程度、

つまり必ず特定できる方法ではありません。

 

調べる方法によっては、リスクを負う方法もあり

調べる方法を間違うと

途方もなく労力と時間を消費する結果になります。

 

浮気や不倫相手の会社に突撃するなら

絶対にしないでください!)ともかく

内容証明送付先を特定するためだけに

貴重な労力と時間を浪費する訳にはいきません。

 

ここでおすすめしたい

浮気や不倫相手の会社を調べる方法があります。

 

原一探偵事務所等の探偵事務所に依頼する方法です。

 

ですが「えっ?」と思う人も居られるかもしれません。

 

「浮気や不倫調査」の流れで、

浮気や不倫相手の会社が特定できる事も多々あるからです。

 

一方でピンポイント

浮気や不倫相手の会社調査」を

依頼することも可能なのです。

 

おすすめしたい「原一探偵事務所」は

浮気や不倫調査に強く、

先にご紹介した「尾行」などの地道な調査方法をも

得意としている探偵事務所です。

 

業界40年以上を誇る老舗の探偵事務所でもあり

年月に培ったノウハウも伊達ではありません。

 

いきなり「探偵事務所へ依頼!」と

退いてしまうかもしれませんが

意外にもペット捜査も行う、

身近な探偵事務所でもあるのです。

 

確実に浮気や不倫相手の会社を特定したいなら

原一探偵事務所をはじめとした

探偵事務所への依頼をおすすめします。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気、不倫相手の名前を調べる方法や特定する時に注意する点は?

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気や不倫をLINE(ライン)で見破る方法!バレず見ることもできる?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

浮気、不倫相手に復讐(仕返し)する方法や相手を特定するには?

 

以上「浮気、不倫相手の会社を調べる方法や

特定する時に注意する点は?」についてでした。

 

浮気や不倫相手の会社を調べる必要があるのかどうか?は

浮気や不倫相手の

自宅住所を特定しているか?にかかっています。

 

「注意すべき点」項目には記載しませんでしたが

「浮気や不倫相手の会社」も、

浮気や不倫相手の「個人情報」です。

 

「個人情報」の扱いにも留意しなければいけないのは

言うまでも有りません。

 

浮気や不倫相手憎し!の気持ちが先行しがちですが

負わなくても良いリスクを避ける意味でも

本当に浮気や不倫相手の会社の情報が必要かどうか

見極める必要があります。

 

必要があるのなら、確実に情報を得るためにも

浮気や不倫相手の会社を調べる方法の1つとして

「探偵事務所」へ依頼する事を

おすすめしますがいかがでしょうか?