交際相手や配偶者に不倫された側からすると

「不倫相手と会う」行為においては

様々な意味で複雑な想いがあるでしょう。

 

  • 交際相手や配偶者の問題だからこそ、
    ハッキリ話を付ける意味で「会って話をしたい
  • 交際相手や配偶者の不倫相手は
    どのような人なのか純粋に知りたいという興味
  • ただただ、交際相手や配偶者の不倫相手に対し文句を言いたい
  • 是が非でも制裁を不倫相手に課したい

 

以上のようにどのような想いや目的があるにしても

気持ちとして理解はできますが

基本的に単独で交際相手や配偶者の不倫相手と会うのは

「不倫」であるだけに、かなりリスクを負う行為です。

 

なぜリスクを負う行為なのか?

 

その問いに答えるべく

今回は「不倫相手と直接会って

話をする方法や気をつける点」などをまとめました。

 

現在進行形で交際相手や配偶者の不倫に悩んでいる人、必見です。

▼原一探偵事務所へはこちらから▼


不倫相手と会う時に気をつける点は?

参照元:https://www.photo-ac.com/

リスクを負う可能性が非常に高い不倫相手と会う行為ですが、

それでも「会いたい」なら、

それ相当に注意すべき点も多くあります。

 

考えれば考える程、注意すべき点が増える錯覚さえしますが

不倫相手と会う際の注意点は主に以下の内容だと考えます。

 

不倫相手の元へ怒鳴り込み突撃する。

「不倫相手の元へ怒鳴り込み突撃」は、

正直良く話に聞く展開ですが、

感情に任せての暴言や行動は

後日得てして逆に問題になるケースがあります。

 

まずアポなしで不倫相手の自宅に押し掛ける行為は「住居侵入罪」、

暴言等の会話内容が録音されていた場合は

脅迫」になる可能性が非常に高くなります。

 

また「不倫相手の元へ怒鳴り込み突撃」

が原因で警察に相談された場合は

一気に「あなた(不倫された側)」が不利になります。

 

以上の経緯で逆に不倫相手から慰謝料請求されかねないので

感情に任せた行為に走らないように、自身をコントロールする必要があります。

 

不倫相手に暴力を振るう。

不倫そのものは民事事件なので、

他にトラブルを抱えていない限り警察沙汰になることはありません。

 

しかし、不倫相手と会う瞬間に感情に任せての暴力沙汰は

「傷害」の名のもとに一気に刑事事件になる可能性があります。

 

コップの水やお茶をかけたり、

コップを投げる事もNGなのです。

 

不倫相手と話し合う目的が、

逆に「被害届」が出される可能性があるのです。

 

職業によっては被害届を出されたことで、

勤務先にて何らかの処分が下される事があります。

 

「不倫相手の元へ怒鳴り込み突撃」同様、

感情に任せた行為に流されないように、

冷静に保つ必要があるでしょう。

 

職場が同じの場合、不倫相手への退職強要。

交際相手や配偶者とその不倫相手が同じ職場だった…

つまり「社内不倫」だった場合は

不倫相手に「退職」を!と望んでしまいますが、

結論からするとあなたから退職強要はできません。

 

むしろ退職強要は逆に「脅迫」に該当する事もあります。

 

また「社内恋愛」そのものが不可の職場もある上に、

あなたも同じ職場だった場合など

退職強要する事で不倫相手どころか、

関係者すべてが退職に追い込まれることもあります。

 

「交際相手や配偶者とその不倫相手が同じ職場」が気になる人は

職場以外では付き合わない等の約束を

公正証書に記載する事をおすすめします。

 

不倫相手の親や親族への慰謝料請求。

あくまで請求は当事者である不倫相手本人であり、

親が存命であっても請求する事はできません。

 

ただ不倫相手が「未成年」であったり、

不倫中であることを親がわざと「知らぬ存ぜぬ」する場合は

請求することも可能です。

 

※実際は弁護士立会いの下で、慰謝料請求が行われます。

 

不倫相手も弁護士を立てると認識する。

「考えている事はみんな同じ」ではないですが、

不倫相手もあなたと対峙する事でこの不倫関係に決着すべく

弁護士を立てる可能性が非常に高くなります。

 

場合によっては「名誉毀損」を盾に訴訟を起こす気概で

あなたの主張に真っ向から否定すべく

理論武装で会おうとするはずです。

 

すでにお気づきかと考えますが、

上記の注意ポイントはそのまま

不倫相手と会う方法の「「リスク」にも解釈できるのです。

 

▼原一探偵事務所へはこちらから▼


 

不倫相手と会う方法は?

不倫相手と会う方法のポイントは、

まずは以下の内容に尽きると考えます。

  • 交際相手や配偶者1人で会おうとしない事
  • 不倫相手の様子を見る事

それはなぜなのか?不倫相手と会う方法を紹介しながら

今から述べさせていただきます。

 

不倫相手と会うには電話・メール・LINEで連絡!

参照元:https://www.photo-ac.com/

ダメ元であなたから

不倫相手に電話・メール・LINEなどで連絡してみましょう。

 

もちろん不倫相手の電話・メール・LINE等の

アカウントや番号をすでに入手している場合に限ります。

 

逆に知らない場合は、

交際相手や配偶者のスマホなどから

確認する方法もありますが、あまりおすすめしません。

 

むしろ交際相手や配偶者から

直接確認するのも良いでしょう。

 

話はそれましたが

不倫相手に電話・メール・LINEなどで連絡する事で

不倫相手は相当「ヤバい」と感じる事で

一切無視するか、何らかの形であなたと会おうとするはずです。

 

不倫相手の電話・メール・LINE等のアカウントや番号を

入手しているなら

不倫相手と会う事も視野に連絡する事をおすすめします。

 

 

不倫相手と会うには内容証明郵便等の送付!

参照元:http://www.takaoffice.jp/

いきなり強硬手段のように感じる「内容証明郵便送付」ですが、

不倫相手の電話・メール・LINEなどの

アカウントや番号が不明な場合に有効な方法です。

 

また電話・メール・LINEなどで連絡した上で

反省の態度が見られない、

無視をするなどの対応をされた場合でも

同様に有効です。

 

いきなり「慰謝料請求」が目的の「内容証明」なので

確かに強硬手段ではありますね。

 

ただ「内容証明郵便送付」は、

厳密に言えば「不倫相手と会う方法」ではなく

次の段階「示談交渉」に向けての準備が正しいでしょう。

 

 

不倫相手と会うには示談交渉!

参照元:https://www.photo-ac.com/

さすがに「内容証明郵便送付」されると

例えば以下の様な不倫相手からの何らかの反応が

ある場合が一般的には多いです。

 

もちろん無視されないように用意周到な準備はやはり必要です。

  • 「あなたとの婚姻関係がすでに破綻しているから、不倫したのでしょう。
    破綻している婚姻関係に、慰謝料支払いの意味を感じません。」
  • 「慰謝料支払には応じますが、とてもじゃないですが払えません」

※やはり、一定数無視するケースもあります。

 

示談交渉」そのものは弁護士に丸投げすれば、

すべて対応してくれますが、

それなりの報酬額も発生します。

 

やろうと思えば行政書士のサポートを受けながら、

自分で示談交渉する方法もあります。

 

書類のやり取りで進める場合が殆どですが

むちろん不倫相手に直接会って示談交渉を進める事も可能です。

 

慰謝料支払い前提ではありますが

不倫相手と会う方法の1つではあります。

 

 

不倫相手と会うには不倫相手からの「会いたい」申し出を受ける!

参照元:https://www.photo-ac.com/

珍しいですが、全く有り得なくないケースです。

 

ですが不倫相手から

「あなたに会いたい」と電話・メール・LINE、

場合によっては直筆の手紙等で申し出があった場合、

「何かウラがある」とまずはあなたは疑いかけるでしょう。

 

つまり、何らかの形で「決着」を付けたいと思っているのか?

純粋に謝りたいと思っているのか?

全く不倫相手が何を考えているか読めないので躊躇しますが

「徹底的に戦う」のではなく

「円満に事を収めたい」と考えているあなたなら

不倫相手から「会いたい」の申し出は受けた方が良いと考えます。

 

少なからず不倫相手も

あなたと会って話がしたい」という

意志が感じられるのが受けた方が良いと感じる理由です。

 

話の流れで「慰謝料支払い」

まで進める事が出来れば理想的でもあり、

それまでの様々な事前準備ありきではありますが

実際に成功している例もあるようです。

 

▼原一探偵事務所へはこちらから▼


 

不倫相手と会うには不倫の証拠を徹底的に収集する!

参照元:https://www.pakutaso.com/

この「不倫の証拠を徹底的に収集する」は

「不倫相手と会う」というよりは

むしろ「不倫相手と会う為の準備」に該当します。

 

どのような方法で不倫相手と会ったとしても

「不倫相手と会う為の準備」は必須です。

 

単に会うだけならまだしも、

不倫相手と会う多くの理由は

その先にある「不倫の事実の確認」「謝罪」「慰謝料」です。

 

「謝罪」「慰謝料」まで至らなくても

不倫の証拠」を持ち込むことで話を有利に進めるのです。

 

不倫相手の発言によっては

結果的に「不倫の証拠を徹底的に収集する」事に

なる可能性もあります。

 

ここでいう「不倫の証拠」とは

あなたが独自で調査し得た証拠もそうですが

後述する「探偵事務所」が収集した

精度の高い「不倫の証拠」も該当します。

 

 

不倫相手と会うには探偵事務所に依頼!



よく勘違いする項目として、「探偵事務所」や「興信所」は

あくまで調査するサービスを提供する組織や機関であり

あなたの代理として不倫相手との交渉を行う組織や機関ではありません。

 

探偵事務所によっては不倫調査のアフターサービスとして

不倫相手と会う行為に同行するケースも考えられますが、

不倫相手と会う行為に同行は、

基本的に「探偵業」から逸脱する行為なのです。

 

本来不倫相手との話し合い同行に

適しているのは「弁護士」です。

 

不倫相手に対しての交渉を行うのも

弁護士の仕事の1つであるのが理由です。

 

不倫相手に慰謝料請求や

あなたの配偶者と離婚をも視野に入れている場合は

話し合いの場においては弁護士同伴をおすすめします。

 

話が少しそれましたが、

弁護士同伴を想定しているにしても、

それでもおすすめしたい「探偵事務所」があります。

 

その「探偵事務所」とは、不倫や浮気調査に強い事で

有名な「原一探偵事務所」です。

 

おすすめしたい理由は様々ですが

何と言っても不倫や浮気調査に強いというだけあり

高い調査能力に基づいた証拠収集及び

調停や裁判に至った場合でも使用可能な調査報告書を

揃える事が可能な事でしょう。

 

また不倫調査調査の流れで、それこそ

その先にある慰謝料請求やその裁判に向けて弁護士紹介も

してもらえる事が大きいのではないでしょうか?

 

盤石な調査体制に強固なアフターフォロー、

創業40年以上の業界老舗「原一探偵事務所」の

一本筋が通った調査態勢は最もおすすめしたいポイントです。

 

ちなみに、現在全国18拠点構えており

不倫相手と会う事において

慰謝料請求までを想定している人は

1度最寄りの「原一探偵事務所」へ相談してはいかがでしょうか?

▼原一探偵事務所へはこちらから▼


 

以上「不倫相手と会う方法!

直接会って話をする方法や気をつける点は?」の記事でした。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気、不倫相手に復讐(仕返し)する方法や相手を特定するには?

不倫や浮気調査の探偵の選び方!注意するポイントや安くするには?

浮気率や不倫率の割合!多い職業や見つけ方、制裁の方法とは?

社内で浮気や不倫をしている時の別れさせ方や見抜く方法のご紹介!

 

不倫故に如何なる理由を持っても

不倫相手と会う行為は、かなりハードなモノがあります。

 

そしてこれまで述べたとおり、

交際相手や配偶者の不倫が発覚し、

その問題もある意味最終局面だからこそ

交際相手や配偶者の不倫相手も何らかの形で

あなたと会う事になった」のでしょう。

 

不倫相手もあなたと会う以上、

弁護士を立てる事も含めて、それ相当の準備で臨むはずです。

 

どうしても不倫相手からの直接謝罪を希望する人などは

原一探偵事務所」等の

探偵事務所経由で収集した不倫証拠を盾に

事務所経由で紹介された弁護士同伴で

不倫相手との話し合いに臨む事をおすすめします。