「不倫」をテーマにした映画やドラマの旺盛具合は

今に始まった事ではなく

近年ではやはり映画やドラマ「昼顔」が有名でしょう。

 

映画やドラマさながらに

不倫による「非現実的なシチュエーション」は総じて

ハマる人を増やし、

そして様々な形で周囲を不幸に陥れるのです。

 

その「不倫した側でさえも

不幸に陥る手段の1つが慰謝料」です。

 

「不倫された側」が

「高額慰謝料を取りたい時」とターゲティングされたら

尚更でしょう。

 

夫婦である以上、

貞操義務が横たわり根幹的なモノされています。

 

不倫をするという事はその貞操義務に違反することとなり

「不倫した側」が「不倫された側」に

慰謝料が支払うことになる根本的な理由にもなります。

 

今回は、その不倫による

慰謝料」を取りたい時について

様々な情報をまとめました。

 

高額慰謝料を取りたい時など様々な条件や

その為の証拠収集方法などご紹介します。

 

※「不倫した側」「不倫された側」双方共に

夫や妻が該当されますので、

以下の本文はあえて「夫や妻」は記載しません。

 

 

また、不倫で慰謝料を取りたいと

考えている方には

原一探偵事務所』がおすすめ!

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所で、

なによりも調査力が優れています。

 

電話相談は24時間365日無料

行なっているので、

是非一度相談してみてはいかがですか?

 

原一探偵事務所へはこちらから↓



 

不倫で慰謝料をもらえる相場は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

不倫による慰謝料の相場ですが、

世間的には100万円~500万円と言われていますが

正確には不倫による慰謝料の相場はあって無いようなモノです。

 

此処で言う「不倫による慰謝料」ですが、

「不倫した側(不倫相手含む)」によって

「不倫された側」が受けた

心的外傷に対する損害賠償を意味します。

 

総じて不倫による心的外傷は

人によって感じ方が様々であるゆえに

「この行為によって受けた心的外傷に対する

慰謝料は○○○円」と算出できない事が

「不倫による慰謝料の相場は

あって無いようなモノ」とされる理由です。

 

以下は、状況別不倫慰謝料の一般的な相場ボリュームゾーンです。
離婚や別居を回避した上で、夫婦関係を再構築 50万円~100万円
不倫が原因で別居 100万円~200万円
不倫が原因で離婚 200万円~500万円

 

 

 

不倫で慰謝料を高額にする方法は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

冒頭では「不倫慰謝料はあって無いようなモノ」と

書きましたが、

慰謝料算出の為の基準となる条件は存在します。

 

以下はその基準となる項目の一部です。

  • 不倫関係期間とその不倫頻度
  • 婚姻継続期間
  • 不倫発覚前後の夫婦関係の状況
  • 「不倫した者」により「不倫された者」が蒙った結果
  • 「不倫した者」の社会的地位や経済収入状況

上記の様々な基準を総合的に照らし合わせながら、

慰謝料算出されます。

 

敢えてゲスな表現をしますが、

不倫慰謝料が相場以上なるケースや条件、要因等は

高額慰謝料を取りたい時やタイミングは

やはりしっかりと存在します。

 

高額慰謝料を取りたい時や

高額請求するべき事案も存在するので

慰謝料が高額なるケースや条件、要因等をまとめました。

 

不倫で慰謝料を高額にするには高額慰謝料要因に該当するかを確認!


参照元:https://www.photo-ac.com/

まず離婚前提での高額慰謝料なので、

離婚するしないで「慰謝料」の金額が変わます。

 

※「既婚」と「未婚」の違いの1つ、

といえば解り易いでしょう。

 

しかし、それだけでは

「高額慰謝料」にならないケースも非常に多く、

あくまでも例ではありますが、

高額慰謝料を取りたい時に

下記の様な要因に該当するかどうかを

照らし合わせる必要があります。

 

  • 「不倫した側」の経済や資産状況を調べ上げる

当たり前な話、慰謝料というのは

経済力や資産があるからこそ成立します。

 

また「不倫した側(不倫相手)」が

無職だったとしても

「不倫した側(不倫相手)」や

その親の資産を調べておくことで

高額慰謝料請求に繋がる事があります。

 

※それでも多くの場合、

「不倫した側(不倫相手)」の支払いに

躊躇する人が多いのではないでしょうか?

 

  • 「不倫した側」の不倫を徹底的に調べておく

「不倫した側」に慰謝料請求した場合、

不倫した事実がないと突っぱね

慰謝料支払いを拒否するケースも多いでしょう。

 

そこでポイントとなるのが

「不倫した側」の証拠収集となり、

弁護士挟んでの話し合いや裁判にまで進んだ場合に

その証拠はかなり効力を発揮します。

 

この証拠収集については

別途改めて説明させていただきます。

 

  • 最初の慰謝料提示額は高めに設定する

慰謝料提示するだけなら制限無く、

また「不倫した側」「不倫された側」双方話し合いによって

妥当な金額を導き出すことが殆どのケースです。

 

また、最初から慰謝料を低く設定すると

「その程度の精神定期苦痛」と

周囲に解釈されかねないので、

慰謝料提示額設定には注意が必要です。

 

  • 婚姻期間は長期であればある程が有利

不倫されているとわかっていても、

婚姻関係を続けることで

その婚姻期間そのものが精神的苦痛になるという解釈です。

 

  • 「不倫された側」の経済状況は低い方が良い

「不倫した側」より「不倫された側」の

経済状況が良い場合は

生活能力があるとみなされる事があり、

高額慰謝料請求が認められない事も。

 

そして、もう1つ、

意外に抜け落ちている事が多い要因があります。

 

次の項目で説明させていただきます。

 

 

不倫で慰謝料を高額にするには不倫相手にも慰謝料請求!


参照元:https://www.pakutaso.com/

意外に意識していない「不倫相手への慰謝料請求」。

 

「不倫した側(配偶者)」だけではなく、

その不倫相手にも請求することが可能です。

 

変な言い方ですが、

その不倫相手にも請求するだけで

「不倫した側(配偶者)」のみへの請求よりも、

単純計算で結果的に高額になります。

 

もちろん不倫相手の様々な状況にもよるのは

言うまでもありません。

 

しかし「不倫した配偶者」ばかり責める一方で

「不倫相手への慰謝料請求」は

意外にも「抜け落ちている」感が多いのです。

 

 

慰謝料請求時に

不倫相手が不倫否定させない」ようにするためにも

不倫の状況や期間や頻度を記載した内容証明

不倫相手に送付しましょう。

 

悪いのは、婚姻相手である夫や妻だけでなく、

不倫相手であるという事も忘れないようにしましょう。

 

 

不倫で慰謝料を高額にするには弁護士が介入がある事!


参照元:https://www.photo-ac.com/

弁護士を通さずに

慰謝料請求も可能という話もありますが、

総じて不倫や浮気、親権問題、

そしてお金が絡むトラブルは

間違いなく話がこじれます。

 

離婚や別居に至らないにしても

不倫発覚時での制裁時の条件を記載する

各種協議書」などの公正証書作成においても

弁護士へ依頼することをおすすめします。

 

先の「内容証明」についても該当します。

 

※この件を説明するとかなり長文になり、

記事の趣旨にも反するので

今回は省略させていただきます。

 

極論ですが増してや離婚やその際の

慰謝料を取りたい時の事を考えると

まずは弁護士依頼を強くおすすめします。

 

もちろんそれなりのお金も必要であり、

弁護士との相性もアリ

弁護士にも「得意ジャンル」があるので、

良い弁護士を探すにも一苦労かもしれません。

 

しかし、あくまで依頼者の希望を踏まえた上でですが

最大限考えうる方法で

不倫相手に高額慰謝料請求方法を講じるのも弁護士です。

 

しかし、その弁護士に依頼するにも

必要とされるのが「証拠」なのです。

 

 

不倫で慰謝料を高額にするには証拠を掴む!


参照元:https://www.pakutaso.com/

また、不倫が理由での離婚や

慰謝料を取りたい時の事を

視野に入れている場合など、

弁護士介入を依頼するにも

ある程度の証拠が無ければ話が進むことはありません。

 

有無を言わせない

決定的な証拠」を掴み収集する事が

高額慰謝料を取りたい時に

請求実現可能とする第一歩になります。

 

スマホやICレコーダー、GPS等などを

使用して独自で証拠取集も可能ですが、

その際はリスクを負うこともあるので注意が必要です。

 




 

不倫の証拠を掴む方法は?

配偶者に対し不倫疑惑を感じた場合、

まず考えるのは「不倫の証拠収集」ではないでしょうか?

 

先にも述べましたが、ある程度なら

独自で配偶者の不倫の証拠収集は可能です。

 

一部ではありますが、

以下はその不倫の証拠収集方法です。

 

不倫の証拠を掴むにはまずはスマホチェック!


参照元:https://www.photo-ac.com/

証拠収集後の目的…配偶者の不倫疑惑の証拠収集が目的なら

スマホでも充分証拠収集が可能です。

 

スマホだけで以下の証拠収集が理論上可能です(抜粋)。

  • GPSアプリで所在地把握
  • 不倫現場の写真動画撮影・音声収録
  • 通話記録・通話履歴、内容保存
  • 通話内容録音
  • メール転送によるメールの保存

しかし、あくまでこの方法が可能なのは

不倫した配偶者がスマホを所持している事が前提です。

 

しかも「GPSアプリ」や

度々世の中を騒がせている「不倫浮気監視アプリ」は

利用方法によっては

違法になる可能性も否定できないリスクを負います。

 

また、世代問わない上でのスマホ普及率は

78%というデータもあり、

20%もの人がスマホ所持していない事実があります。

 

この約20%という数字をどう解釈するかにもよりますが

不倫証拠収集に便利なスマホでも

現状において、ある意味万能ではない事を意味しています。

 

 

不倫の証拠を掴むには探偵に相談!

配偶者の不倫証拠収集するだけなら、

前述の通り、確かに独自でも可能です。

 

しかし、スマホに「不倫浮気防止アプリ」を

インストールするだけでも

負わなくても良いリスクを負う事になり、

結果的に精神的負担を増やす事にもなります。

 

増してや、離婚そして

その際の慰謝料を取りたい時を考えると

精度の高い証拠が必要です。

 

そこでおすすめしたいのは「探偵事務所」へ

「不倫調査・証拠収集」依頼をする事なのです。

 

前置きが長くなりましたが、

慰謝料を取りたい時の為の

「不倫調査・証拠収集」の際に

特におすすめしたい探偵事務所があります。

 

それが「原一探偵事務所」。

 

原一探偵事務所へはこちらから↓


今、このページをご覧になってる方でしたら、

ご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

おすすめしたい理由は数多くありますが

「不倫調査」依頼者視点で云えば、

以下の様な点が挙げられます。

  • 不倫・浮気調査やその証拠収集を得意としている
  • 全国で18拠点で展開しており、相談しやすい立地にある
  • 調査に使用する特殊調査機器も豊富にあり、IT系に強いスタッフも多い
  • 裁判や調停時にも使える精度が高い証拠収集が可能
  • 経験豊富な相談員も多く在籍
  • 弁護士や専門家との連携が取れており、
    ワンストップで依頼することも可能

配偶者の不倫が原因で離婚、

そして高額慰謝料を取りたい時に

取ることを考えている方は

1度相談する事をおすすめします。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

浮気や不倫をLINE(ライン)で見破る方法!バレず見ることもできる?

浮気、不倫相手に復讐(仕返し)する方法や相手を特定するには?

不倫や浮気調査のアプリでおすすめなのは?使い方もご紹介!

不倫や浮気調査のアイヴィ・サービスの口コミや評判、料金!2chでは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

「不倫した側(特に女性側)」の言い訳で有名な

「不倫相手に抱かれててもいつも心はあなたにあった」。

 

この女性側が既婚者であるなら

「不倫」とされるのが現代です。

 

元々「不倫」の「倫」には

「仲間」の意味があり、

その「倫」の前に「不」が付くことから

「不倫」とは漢語において

道徳や秩序で構築関係の仲間を外れる」とされます。

 

そこから、男女間において

不倫=人の道にから外れる」を

意味するようになります。

 

「不倫」は如何に道義的にも「根深い」のが

ご理解いただけるのでは以でしょうか?

 

だからこそ「不倫された側」は、

精神的な苦痛に対する

慰謝料という名の損害賠償を取りたい時に

「不倫した側」に請求できるのです。

 

それまでの婚姻期間や精神的損害にもよりますが

不倫による高額慰謝料を取りたい時を考える方は

「不倫した側」へ存分に制裁する事をおすすめします。

 

制裁の為のフォローをするのが探偵事務所です。

 

不倫による高額慰謝料を取りたい時を考えている人は

まずは「原一探偵事務所」を初めとした

不倫・浮気調査に強い様々な探偵事務所への相談を

全力でおすすめしますがいかがでしょうか?

 

文中でおすすめしている『原一探偵事務所』へは

こちらからもアクセスすることができますよ↓