どのような理由があっても、

如何なる理由があっても

浮気が正当化される理由は存在しません。

 

ましてや見つからない、知らない浮気はいざ知らず

把握している現在進行形の嫁(妻)の浮気を

阻止しない理由はありません。

 

如何なる理由があっても

嫁(妻)は浮気をしている以上完全にアウトなのです。

 

※完全にアウトかどうかは、

浮気に至った状況にもよりますが

それでも「して良い浮気」があるはずはありません。

 

なので、掴んでいる嫁(妻)の浮気阻止や、

浮気の証拠を残す方法などをまとめました。

 

何より目の前に展開されている

嫁(妻)の浮気をまず阻止したい旦那(夫)、絶賛必見です。

▼原一探偵事務所公式サイト▼

原一探偵事務所

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには「愛している」気持ちを言葉で伝える!


参照元:http://gahag.net/

凄く単純で、凄く日常的で、

凄く難しい事でもある「気持ちを伝える事」。

 

されたことによる「感謝の気持ち」

喧嘩など自分に非がある時は「謝罪の気持ち」

そして何よりも死ぬまで傍に居て欲しいからこそ

「愛する気持ち」。

 

旦那(夫)から気持ちを籠った言葉を貰うだけで

旦那(夫)に愛されている!」と、

大半の嫁(妻)は細やかな喜びにじわじわと浸れる生き物であり

いつまでも浸りたいと思っているのです。

 

しかし得てして旦那(夫)側は結婚すると

その安心感からか「気持ちを伝える事」を怠りがちに。

 

それ故に、細やかな喜びに浸れない事が多発するから

嫁(妻)は外に細やかな喜びを求めるのです。

 

嫁(妻)へ「気持ちを伝える事」に

そんなに多くを語る必要はありません。

 

嫁(妻)に「愛する気持ちを伝える事」は

綺麗ごとでもなんでもなく

それだけで嫁(妻)の浮気阻止に充分、なり得るでしょう。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには嫁(妻)も「女」である事を思い返す!


参照元:http://gahag.net/

長い間夫婦をやっていると、その絶大なる安定感から

お互いが傍にいるのが当たり前になり、

お互いが異性同士である事が忘れがちになる事があります。

 

旦那(夫)の性格によっては「この関係が夫婦の醍醐味」と

主張する人も居るでしょう。

 

しかし嫁(妻)は「いつまでも女性で居たい」と

思っている人が大半であり、

いつまでも女性として扱ってほしいのです。

 

嫁(妻)がメイクを変えたら気付いてあげてください。

 

ショッピング時でも、

率先して荷物を持ってあげてください。

 

嫁(妻)と二人での外出先でも、

道沿いを徒歩移動の際に暴走車接近時など危険を感じたら

嫁(妻)を真っ先に危険から回避させてください。

 

些細な事でも自分は大事にされている、

旦那(夫)から女として扱われていると知ると

実は嫁(妻)は嘘のように

「浮気、何それ?」状態に一気に陥るのです。

 

ちょっとしたことではありますが

充分な嫁(妻)の浮気阻止に繋がる旦那(夫)の「優しさ」です。

 

慣れないうちは照れるかもしれませんが、

少しずつ、嫁(妻)は女であることを思い出してみませんか?

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには「男」を磨く!

旦那(夫)でもあるあなたよりも、

嫁(妻)からすると浮気相手が魅力的だから

浮気するとあなたは考えてしまいがちになるでしょう。

 

なので浮気相手よりも男を磨く、

「自分磨き」をしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ、魅力的な男になる方法は

即効性はなく、嫁(妻)の浮気阻止には

時間がかかり過ぎる方法ではあります。

 

しかし、それ程構える必要もなく

何一つマイナスになる要素はありません。

 

では具体的に男を磨くとはどういうことなのか

わかりやすくご説明していきましょう。

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには外見的に男を磨く!

参照元:https://www.pakutaso.com/

「ライ◯ップ」に通え、とは云いませんが

せめて健康に気を遣う程度の体調管理や

トレーニングは必須です。

 

ウエスト周りや加齢臭には

特に気を付ける事をおすすめします。

 

トレーニングの成果に即しながら

日頃からの服装スタイルにも

少しだけ気を付ける事で

あなたの大きく外見が変わる事もあります。

 

また、香りにこだわる女性も多いので、

抵抗が無ければ清潔感あるメンズフレグランスを

付けてみるのも良いでしょう。

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには内面的に男を磨く!

参照元:https://www.pakutaso.com/

例えばひたむきに仕事に頑張っている時や

趣味のスポーツに興じているとき等、

フェロモン全開は言い過ぎですが

活発なオーラを放っている男性は、

同性から見ても魅力的に写ります。

 

享楽的な意味ではなく

何事にも真面目に遊び心を持って人生を楽しむ」といった

ポリシーは女性から見ても気になる男性に

見えるのではないでしょうか?

 

つらい仕事も好きな趣味やスポーツを元に

オンオフを使い分ける事で

結果的にあなたの内面的な男の部分が磨かれるのです。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するにはスキンシップを大切にする!


参照元:http://free-photos.gatag.net/

ひとりの人として、

言葉で、身振り手振りでコミュニケーションを

取るのは非常に大切です。

 

これが全くの「他人」であれば言葉で充分ですが

夫婦間となると「コミュニケーション」は

さらに重要な意味があります。

 

夫婦間のコミュニケーションと云えば

「セックス」まで含む「スキンシップ」です。

 

嫁(妻)が浮気に走る理由の一つに

セックスレス」があり、

それ故に強いて言えば「スキンシップ」どころか

「コミュニケーション」でさえ破綻しています。

 

かと云って長い間「セックスレス」状態で

急に求めたりするのは

逆に嫁(妻)にトラウマを植え付けかねません。

 

そこでおすすめしたい方法は

肩たたきや腕揉みなどの軽いマッサージ

 

徐々に会話しながらマッサージと云う

「スキンシップ」を徐々に深めていくのです。

 

時間はかかりますが、この流れでスキンシップを図り

最終的には「セックスレス」を克服する事で

嫁(妻)の浮気阻止に導くといった

流れになるのがベストです。

 

まずはゆっくりでいいので

嫁(妻)との「スキンシップ」を深めてはいかがでしょう?

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには証拠を盾に浮気の事実を認めさせる!


参照元:http://gahag.net/

この見出しを見て一瞬「えっ?」と

感じた人も多いでしょう。

 

しかし、正面切って

「浮気しているだろう?」と問い詰めても

浮気している側は、得てして「友達です。」

「仕事の相談にのってもらっていた。」などの

言い訳を盾にしてシラを切り続けます。

 

仮に浮気を認めたとして

「寂しかったから」

「あなたは仕事ばかりで家庭を顧みようとしなかったから」など、

これもまた「フォーマット」があるのかと

思えるような意見を旦那(夫)に突き付けます。

 

かと言って、浮気をして良い理由にはならないのですが、

ここで後述する「決定的な証拠」を嫁(妻)に提示し

嫁(妻)の「言い訳」と云う盾を無条件に下げさせ

浮気を阻止するのです。

 

決定的な証拠」とは文字通り

「言い訳できない誰もが認める証拠」を意味し

浮気現場をとらえた写真や動画、音声証拠を指します。

 

「決定的な証拠」を突きつけられたら、

さすがに嫁(妻)は白旗を挙げるしかないでしょう。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには連絡が付かないようにする!


参照元:https://www.photo-ac.com/

※この手段は、嫁(妻)の浮気の事実を

ある程度掴んでいる事が前提です。

 

後述する「嫁(妻)の浮気を証明する証拠」を

すでに手元にあるなら

その証拠を盾に嫁(妻)の連絡手段を阻止するのです。

 

あなた名義で家族割等のスマホ契約しているなら

つまり言い訳できない状況に嫁(妻)を追い込んだ後に、

その際に浮気相手の連絡先削除や各種SNSアカウントも

強制的に削除やブロックするように言い渡しましょう。

 

もちろん、スマホのロックも解除させます

 

浮気相手連絡用のスマホがあれば即没収、

PCでも連絡しているなら、

やはり浮気相手の連絡先なども嫁(妻)に削除させるのです。

 

嫁(妻)名義でスマホ契約する可能性もありますが、

それだとすでに「嫁(妻)の浮気阻止」で済む段階ではありません。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには浮気相手に内容証明郵便送付!


参照元:https://www.photo-ac.com/

これは嫁(妻)に対してというより

「嫁(妻)の浮気相手に対して制裁を加える」事で

嫁(妻)の今後の浮気阻止に繋がる方法です。

 

つまり、浮気相手に一例ですが以下の様な項目を記載した

内容証明郵便を浮気相手の自宅宛に送付するのです。

  • 速攻浮気を辞める
  • ◯月◯日までに慰謝料〇〇◯円を別途記載する銀行口座に振り込む
  • 慰謝料支払い拒否の場合は法的手段を取る

多くの場合は弁護士の依頼になり、

その弁護士との打ち合わせを重ねた上での

記載内容がより確実です。

 

また浮気相手は既婚者(つまり不倫)の場合、

浮気相手の家族に浮気の事実を伝える事も方法としては有りです。

 

浮気をすると何もかも失う恐怖を、

浮気相手にも与える事で、

嫁(妻)の浮気を阻止する事に繋げるのです。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには誓約書を書かせる!


参照元:https://www.photo-ac.com/

すでに一度浮気をされているなら

再度浮気したら離婚して

慰謝料(具体的な金額を記載)を支払います。」と

いった旨を記載した誓約書を嫁(妻)に書かせるのも

浮気抑止力、浮気阻止に繋がります。

 

浮気は常習の可能性があるとも云われますが

誓約書を書かせることで、再度浮気をしたら

「嫁(妻)の周囲にあるすべての物を失う」事を

認識させることが重要なのです。

 

また義両親や実両親の前で、

嫁(妻)同席の場で嫁(妻)の浮気を伝えるのも

浮気に次は無い」事を示す意味で有効とされる方法です。

 

この方法は、嫁(妻)のメンタル部分に

かなりのダメージを与える事になり

同じ過ち(浮気)は二度と行わなくなるのです。

 

 

 

嫁(妻)の浮気を阻止するには夫婦円満調停を利用!


参照元:https://www.photo-ac.com/

これまで提示した「嫁(妻)の浮気を阻止する方法」でも

阻止できない場合の最終的な手段の一つ「円満調停」。

 

そもそも「円満調停」とは?

浮気や不倫など何らかの理由で

円満な夫婦関係が破綻した時に再構築の手段として、

家庭裁判所にて行える「調停(話し合い)」を意味します。

 

主に以下の項目を話し合ったり、アドバイスを受ける事が可能です。

  • 夫婦関係が破綻した理由
  • この浮気問題の解決方法の模索、
  • またはその件についての提示
  • 解決の為の(調停委員からの)アドバイス

※「円満調停」の詳細は長くなるので

記載は控えさせていただきます。

 

「円満調停」でも浮気が阻止できず

不調に終わった場合は、

離婚に移行するしかないのではないでしょうか?

 

 

 

嫁(妻)の浮気の証拠を残すには?

▼原一探偵事務所公式サイト▼

SNSで浮気発見

 

浮気阻止の為に嫁(妻)の浮気を認めさせるにしても、

最悪、慰謝料請求や離婚に至ったとしても

ここまで至る原因になった

誰もが認めざるを得ないレベルでの

「嫁(妻)の浮気を証明する証拠」が必要です。

 

逆に証拠が無ければ浮気阻止に動いたとしても

無駄に時間とスタミナと精神力が消費されるだけです。

 

そしてその嫁(妻)の浮気を阻止する為の

「嫁(妻)の浮気を証明する証拠」収集方法として

ズバリ『原一探偵事務所』への依頼をおすすめします。

 

原一探偵事務所』と云えば探偵業界でも

それこそ浮気や不倫調査で有名であり

マスコミ露出も多い事もあり、ご存知な方も多いでしょう。

 

張り込み、追跡、待ち伏せなど

オーソドックスと云うべき地道な調査方法を得意とし

一方で最新の特殊機材を使った調査をも

使い熟す柔軟さをも持っています。

 

またその『原一探偵事務所』への依頼で得た調査結果は

決定的な証拠」として纏められ

嫁(妻)の浮気を阻止する為の

「嫁(妻)の浮気を証明する証拠」と同義として

扱うことが可能となるのです。

 

正直「決して安くは無い調査料金」ですが

まとめられた「決定的な証拠」を見て、

無条件で納得する人も多いのではないでしょうか。

 

嫁(妻)の浮気を阻止する為

「嫁(妻)の浮気を証明する証拠」収集方法で悩んでいるなら

一度『原一探偵事務所』へ相談してはいかがでしょうか?

 

▼原一探偵事務所公式サイト▼

原一探偵事務所

 

ちなみに24時間365日、いつでも相談は無料ですよ。

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

以上「嫁(妻)の浮気を阻止する方法や止めさせるには?

証拠を残す方法も!」についてでした。

 

嫁(妻)の浮気に気が付いているなら、

誰もがまずは阻止に動くでしょう。

 

ですが、嫁(妻)が浮気に走るという事実がある以上

何かしら理由やきっかけがあるはずです。

 

嫁(妻)が浮気に至った理由を

考えてみても良いかもしれません。

 

それでも浮気をして良いという

結論には決してならないですが、

浮気は明らかに当事者が最も非があります。

 

嫁(妻)の浮気阻止云々云う以前に

嫁(妻)が浮気する隙を与えない、

あなたでいる事も大切だと考えますがいかがでしょうか?

▼原一探偵事務所公式サイト▼

原一探偵事務所