浮気相手や不倫相手を「殺したい」という激情は

浮気や不倫サレた側」の大なり小なり心の奥底に宿る

避けられない黒い感情でしょう。

 

しかし、実際に浮気相手や不倫相手を「殺したい」となると?

もちろん犯罪になり刑事事件として罰せられます

 

ただ、悲しいかなそれでも、

浮気相手や不倫相手を「殺してしまう」事件は後を絶ちません。

 

浮気相手や不倫相手を「殺したい」気持ちは非常に理解できますが

そこでやってしまうと、

本当にそこで止まってしまい負の連鎖が続くだけです。

 

関わったすべての人々が間違いなく不幸になり

「殺した」側もモヤモヤした「モノ」が心に突き刺さるでしょう。

 

実際にやってしまわないためにも

浮気相手や不倫相手を「殺したい衝動」に駆られた時に

対処したい解決法などをまとめました。

 

▼原一探偵事務所公式サイト▼



 

浮気相手や不倫相手を殺したい時はまずは平静になる場所に身を置く!


参照元:https://www.pakutaso.com/

心情としては非常に理解はできますが

浮気相手や不倫相手を「憎みたい、殺したい」と

常に抱いたとしても、

暴力行為や違法行為に手を染めるのは、

それでも絶対に止めるべきです。

 

「憎みたい、殺したい」という激情に任せた挙動は

必ず後悔に繋がります。

 

あなたの配偶者と不倫相手や浮気相手の「現場」に突撃したり

配偶者に対し好戦的になる上に、

吹き飛んでいる「理性、何それ?」状態なので

気が付けばシャレにならない修羅場を演出する事も。

 

「憎みたい、殺したい」激情のコントロールが

かなり難しい状況なのは想像に容易く、

それでも、可能な限りしばらくの間は

家庭や配偶者から距離を置き

精神的に荒らされない環境に身を委ねる事を先ずはおすすめします。

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時はその気持ちを誰かに吐露する!


参照元:http://publicdomainq.net/

浮気や不倫問題は、問題の性質上

他人への相談が困難なジャンルです。

 

仮に親友知人や家族でも相談を躊躇ってしまうタイプも多く

相談された側も得てして返答に困るでしょう。

 

しかし1人で悶々と「殺したい」という「黒い感情」を抱えたままでは

不倫相手や浮気相手に刃物をもって突撃しかねません。

 

「殺したい」という「黒い感情」を抱えたままで辛いなら

いっその事「誰か」にその「黒い感情」を

吐露する事をおすすめします。

 

その「誰か」にあなたの身近に該当する人がいない場合は

カウンセリングを受けてはいかがでしょう?

 

いきなりですが「探偵事務所」によっては

夫婦問題関連のカウセリング資格所持の相談員が常駐しているので

まずは話を聞いて貰ってもいいかもしれません。

 

また、多くの探偵事務所の場合は「相談は無料」であり、

強引な営業もます有り得ません。

 

専門家視点での適切なアドバイスも得られるので

かなりおすすめです。

 

※ちなみに、別途ご紹介する『原一探偵事務所

 カウセリング資格所持の相談員が常駐しています。

もちろん事前相談は無料です。

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は相手と会う!


参照元:https://www.photo-ac.com/

「浮気相手や不倫相手を殺したい時は相手と会う」と記載すれば

ガチで浮気相手や不倫相手から「警戒される」が一般的な対応でしょう。

 

※「不倫サレた側の配偶者から呼び出された場合は

刺される可能性が非常に高いので、呼び出されても応じないように」と

注意喚起するサイトも散見されます。

 

確かに正論なのですが、

コレがこちらから「弁護士同伴」を

チラつかせたらどうでしょう?

 

別の意味で警戒されてしまう可能性はありますが

少なくても「あなたが浮気相手や不倫相手を殺したい」

危険性はかなり減るハズです。

 

一般的には「弁護士同伴」は、

その先にある様々な交渉事に立ち会うイメージがありますが

この場合はあくまで「浮気相手や不倫相手の話を聞く」を

優先することが重要なのです。

 

「浮気相手や不倫相手の話を聞く」理由ですが

浮気相手や不倫相手の人となりを知る為です。

 

「殺したい」という「黒い感情」に任せ

一方的に「浮気相手や不倫相手」を

攻撃しがち(ある意味正論ですが)ですが、

そもそも「なぜ浮気や不倫に走ったか?」を知る為であり

「浮気相手や不倫相手」があなたの配偶者に

騙されている可能性もゼロではありません。

 

一方的な「殺したい」感情を

相手に押し付ける事を避ける方法の1つと考えますが

いかがでしょうか?

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は関係者に暴露する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

この方法は、浮気相手や不倫相手と

あなたがある程度面識がある事が前提です。

 

不倫や浮気行為の事実を

浮気相手や不倫相手の関係者に暴露したうえで

浮気や不倫をした最低人間の烙印を押す方法があります。

 

ここでいう浮気相手や不倫相手の関係者とは、

浮気相手や不倫相手の親や親戚関係を意味します。

 

浮気相手や不倫相手の親や親戚の意向によっては

逆に「名誉毀損」で訴えられる可能性もありますが

その際、その原因になった「浮気や不倫の事実」を

法廷の場で晒す事にもなるので安易には動かないでしょう。

 

また浮気相手や不倫相手があなたの家族や親戚だった場合、

正に「家族会議」にて浮気相手や不倫相手でもある

あなたの家族や親戚を糾弾するという方法もあります。

 

※あなたの家族や親戚…

つまり、あなたの兄弟や姉妹、従兄弟や従姉妹を意味します。

あなたの親があなたの配偶者の

浮気相手や不倫相手という最悪なケースもあります。

 

この方法は、浮気相手や不倫相手が

親戚付き合い等を重要視するタイプだった場合は

殺されるよりはかなり堪えるのではないでしょうか?

 

▼原一探偵事務所公式サイト▼



 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は社会的信用を失墜させる!


参照元:http://free-photos.gatag.net/

浮気相手や不倫相手を「殺したい」なら、

それこそ「社会的に殺したい」方法も考えられます。

 

浮気相手や不倫相手が就業している会社に訪問する際も

「浮気や不倫を暴露する」のではではなく

コトバを選びつつあくまで「相談する」ニュアンスで

責任者等に話を持って行くといいでしょう。

 

浮気や不倫そのものでペナルティを課す企業は少ないですが

業務時間や就業時間内で業務以外の行為

(明らかな浮気や不倫行為)があったとなると

業務に支障を来し、不利益を被ったとして

ペナルティを課す企業も多いでしょう。

 

「社内風紀を乱す」という理由でサービス業や金融機関など

そもそも「社内恋愛」事態に厳しい社風の企業や業界もあります。

 

浮気相手や不倫相手が「キャリア志向」タイプなら

社会的に抹殺できる可能性がかなり高いでしょう。

 

真偽はさておき、

浮気相手や不倫相手がいわゆる「公務員」だった場合

浮気や不倫が発覚した途端「どうしても裁判は止めてほしい」と

示談に持ち込むケースも多いのではないでしょうか?

 

浮気相手や不倫相手のタイプや職業によっては、

「社会的に抹殺する」が効果的な場合もあるのです。

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は慰謝料請求!


参照元:http://gahag.net/

殺したいほどの浮気相手や不倫相手に対して

法的に可能な復讐や制裁としては唯一であり、

やはり「慰謝料請求」が最も効果的です。

 

浮気相や不倫状況によって請求可能金額に幅がありますが、

総じて100万円~とかなりの金額になるケースが大半です。

 

「決してお金の問題ではない」

「経済的制裁だけでは絶対に不十分!」と、

あなたは断言するかもしれませんが

多くの場合、浮気相手や不倫相手にとって

経済的制裁を喰らうという状況は、

実は予想外に精神的に追い詰められるに等しいのです。

 

浮気相手や不倫相手が既婚者だった場合

浮気相手や不倫相手の配偶者からも慰謝料請求が行く場合もあり

一生かかっても完済できない慰謝料が

請求されたというハナシもザラにあります。

 

一方で、浮気相手や不倫相手が経済的に裕福だった場合は

問題にならない可能性もあります

 

その場合は他の方法

(浮気相手や不倫相手の職場に突撃するなど)を講じる

必要があるかもしれません。

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は相手を離婚に追い込む!


参照元:http://gahag.net/

殺したい程の浮気相手や不倫相手が

既婚者だった場合の制裁方法です。

 

特別何かをするわけではなく

浮気相手や不倫相手の配偶者と会い、話をするだけです。

 

可能であれば弁護士同伴が良いでしょう。

 

もちろん浮気相手や不倫相手への慰謝料請求が目的ですが

浮気相手や不倫相手の配偶者にも、その件の了承を得るために

その旨の話をするだけなのです。

 

ただ、その後の、浮気相手や不倫相手へ「慰謝料請求」する事で、

おのずと離婚に至るケースも多いのです。

 

結果的に浮気相手や不倫相手を離婚に追い込むことに。

 

この方法も、浮気相手や不倫相手のタイプによっては

殺されるよりもかなり屈辱的な制裁になるでしょう

 

浮気相手や不倫相手に離婚や慰謝料を請求するに際は

浮気相手や不倫相手の名前はもちろん、

やはり浮気相手や不倫相手の所在地住所を知る事が必要でしょう。

 

 

 

浮気相手や不倫相手を殺したい時は所在を突き止めましょう!




実際に浮気相手や不倫相手を「殺したい」行為は

問題外ですが、何らかの「制裁」は必要です。

 

何らかの「(公的な)制裁」を加えるにしても

浮気相手や不倫相手の所在を知る事で

浮気相手や不倫相手への合法的

「制裁」へ繋がる第一歩にもなるのです。

 

浮気相手や不倫相手があなたも面識がある人なら

もしかしたら、

所在も自力で把握できるもゼロではないですが

時間がかかる事も目に見えています。

 

そこでおすすめしたいのが「探偵事務所」への依頼、

特に『原一探偵事務所がイチオシです。

 

▼原一探偵事務所公式サイト▼



 

最新の特殊機材を使用しての調査を行う一方で

業界40年以上の老舗探偵事務の知識と経験による

「尾行調査」や「張り込み」などの調査も行うなど

調査方法のふり幅がかなり広い事が特徴の1つです。

 

最も不倫や浮気調査で有名であり

仮に浮気相手や不倫相手の所在調査でもであっても

難なくこなすでしょう。

 

マスコミ露出も多いので派手な印象がありますが

業界40年以上の実績は伊達ではないので

その実績にて、殺したいほど浮気相手や不倫相手の所在が

まず知りたいと考えているなら

1度『原一探偵事務所へ相談をおすすめします。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気、不倫相手の住所を調べる方法や特定する時に注意する点は?

浮気、不倫相手の電話番号を調べる方法や特定する時に注意する点は?

浮気で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

不倫相手と会う方法!直接会って話をする方法や気をつける点は?

不倫で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

 

以上「浮気相手や不倫相手を殺したい時は?

おすすめの解決法とは?」についてでした。

 

浮気や不倫で盛り上がるのは

浮気や不倫の当事者だけであり

逆に周囲を巻き込み多くの人を不幸にします。

 

不倫は心の殺人」というコトバの如く

「サレた側」の相手を殺したい程の「裏切られた感」は

場合によっては「人格障害」を引き起こすケースも

充分にあるのです。

 

ですが「目には目を」をやって、

あなたが浮気や不倫の当事者と同じレベルに

落ちる必要は全くありません。

 

浮気相手や不倫相手を殺したい程に憎んでいるなら、

なおさらその殺したい程の激情を糧にして、

浮気相手や不倫相手よりも幸せになる事が

最大なる復讐方法になると考えます。

 

キレイ事と感じるかもしれません、

リアルに話に聞く「事実」ですが、いかがでしょうか?

 

▼原一探偵事務所公式サイト▼