制裁」とコトバにすると、

かなり凄惨なイメージが付き纏います。

 

特にニュースなどでよく耳にしたり、

目にする言葉ではないでしょうか?

 

かなり一方的な響きさえありますが、

そもそも「制裁」とは、

一般的に以下の様な意味があるとされます。

 

社会や集団の規則・慣習などにそむいた者に

加えられるこらしめや罰。また、その罰を加えること。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E5%88%B6%E8%A3%81-85768

 

「慣習などにそむいた者に加えられる

こらしめや罰。」とあるように

もっと広い意味で適用される言葉なのが解ります。

 

だから、配偶者以外の異性との肉体関係故に

「不倫した人に制裁を」等にも使われるのでしょう。

 

ここでいう「制裁」対象は不倫該当者になるので、

不倫相手だろうが旦那(夫)であろうが関係ありません。

 

ただ、さすがに法に触れない範囲での

「制裁」方法があるのかどうか?気になりますよね?

 

以上の流れを踏まえ

今回は、旦那(夫)や不倫相手に対する制裁方法や

懲らしめ方などをまとめてみました。

 

正に今、旦那(夫)や不倫相手に

制裁を加えたいと考えている人、絶賛必見です。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

不倫した旦那(夫)を制裁する方法は?

不倫に対する考え方は人それぞれですが

一般的には「配偶者以外の女性と性行為があったかどうか」が

判断の分かれ目に。

 

性行為があった事実があるからこそ

旦那(夫)に対しての「制裁」も苛烈になるのです。

 

以下は旦那(夫)への制裁の一例です。

 

不倫した旦那(夫)には先ず別居で制裁!


参照元:https://www.pakutaso.com/

不倫発覚当初は、一時的にせよ

とにかく旦那(夫)と「別居」するケースも多いと考えます。

 

以下は別居することの「メリット」です。

  • お互い冷静になれる
    不倫発覚当初は感情に流され、冷静な判断や思考が停止していたが
    別居する事でなぜ「(不倫行為含む)こんな事になったのか?」と、
    これまでの流れを冷静に判断することができます。

 

  • 様々なストレスからの解放される
    一時的にせよ、不倫した旦那(夫)がストレス源である以上
    旦那(夫)から離れる事で、それまで抱えていた
    ストレスが一気に軽減されます。

 

  • 「別居」が「離婚理由」になる
    離婚を考えているなら、ズバリ「別居」は「離婚理由」になります。

 

  • 離婚の準備がすすめられる
    離婚を考えているなら「別居」期間中に、
    心置きなくその準備をすすめることができます。

 

  • より仕事に専念できる
    家事と云っても基本的に自分の事だけをすればいいので
    元々キャリア志向の人であれば、
    仕事に集中することが可能となります。

 

また、この方法はリスクをも伴います。

 

離婚前提」の別居の場合、

つまり旦那(夫)が不倫相手を自宅に連れ込む、

もしくは新たな不倫相手(!)と付き合ってしまい、

更なるカオスに陥る可能性もあるのです。

 

「離婚前提」での「別居」は、

結果的に離婚時期を早める結果になるでしょう。

 

不倫されたことで「修復不可能」と感じているなら

早めに離婚へ動く事をおすすめします。

 

また「再構築前提」でも、冷却期間は必要です。

 

旦那(夫)が「再構築」を考えているなら

「別居」は、かなり手痛い制裁方法に

なるのではないでしょうか?

 

ただ夫婦お互いを冷静に見つめなおす

いい機会にはなるでしょう。

 

 

不倫した旦那(夫)には不倫現場に突入で制裁!


参照元:https://frestocks.com/

不倫した旦那(夫)の「不倫現場に突入」制裁は、

確かに「制裁」の側面もあり、

精神的にかなりキツイ制裁には違いないですが、

どちらかといえば「不倫を証明する証拠」収集が近い方法です。

 

ですが「現場」を抑える訳ですし、「状況証拠」というよりは

不倫現場を抑える」制裁方法は

これ以上考えられない「決定的な証拠」です。

 

ホテルの場合もあれば、不倫相手の自宅、

考えたくはないですがあなたの自宅、もしくは「車」など、

「不倫現場」と云っても様々です。

 

不倫相手と旦那(夫)が会う日などのスケジュールや

不倫現場の候補などを特定する必要があり

「不倫現場に突入」前にある程度の準備が必要です。

 

それに、単独での「不倫現場に突入」だと

流石に敷居が高いでしょう。

 

なので、信頼のおける友人・知人、旦那(夫)やあなたの親・兄弟など

複数人での「不倫現場に突入」を推奨します。

 

いきなりの「不倫現場に突入」なので

暴力沙汰になる可能性もあり何が発生するかわからないのが理由です。

 

「不倫現場を抑えられた」旦那(夫)は、さすがに男性とはいえ

精神的にかなりダメージを喰らうはずです。

 

※また、探偵事務所に「不倫調査」を依頼した流れで

調査員と弁護士と一緒に「不倫現場を押さえる」目的で

「不倫現場に突入」するケースもあります。

 

 

不倫した旦那(夫)には「会社に相談する」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

倫理上での「不法行為」である不倫や浮気ですが、

刑事罰が発生する犯罪ではなく

あくまでプライベートで発生した事象なので、

原則的に職場・会社は無関係に等しいでしょう。

 

以上の様な事を踏まえると、不倫した旦那(夫)の会社に

不倫事実をバラす行為は、

逆に「誹謗中傷で訴えられる可能性があります。

 

ただ、例えば旦那(夫)と不倫相手は同じ会社の同僚

「同じ部署や同じフロア等で

顔を突き合わせると不倫行為を辞めない」可能性がある場合

あくまで旦那(夫)との「再構築」前提であれば、

「相談する」スタンスで旦那(夫)の会社側と話ができるハズです。

 

仮に、旦那(夫)の会社に「不倫事実をバラした」としても、

直ちに会社に損害を与えた訳でもないので、

不倫行為で社員解雇は先ず有りえないでしょう。

 

厳重注意か、最悪でも降格異動や配置転換や減給処分など、

会社での処分は様々です。

 

ですが、旦那(夫)の立場からすると

かなりプライドがズタズタにされる制裁ともいえます。

 

多くの場合、結果的に任意で旦那(夫)は

不倫相手と共に退職するのではないでしょうか?

 

 

不倫した旦那(夫)には「生体ATM化!」で制裁!


参照元:https://frestocks.com/

生体ATM化!」と書けば、

かなりネット毒された表現方法ですが

「人間ATM」といった方が解り易いでしょう。

 

つまり「お金を稼ぐ人」の役目だけを

旦那(夫)に突きつけ、旦那(夫)の給料全部を

根こそぎ妻であるあなたが取り上げるのです。

 

つまり旦那(夫)に対し「お金に余裕があるから不倫をし、

不倫相手に何かとお金をつぎ込む」という考え方です。

 

また「制裁」の意味も兼ねて、

旦那(夫)を「人間ATM」にしてしまうのです。

 

旦那(夫)の存在意義は「収入源」だけ、

それ以外の要素は全否定という、

旦那(夫)の人間性によっては屈辱的「制裁」になるハズです。

 

ただ永遠に旦那(夫)を「人間ATM」すると、

行き過ぎた「制裁」となり

逆に「虐待」として訴えられかねません。

 

旦那(夫)の「反省次第」ではありますが、

期間限定にする事がポイントでしょう。

 

凄まじく「非人道的な制裁方法」ではありますが

旦那(夫)が仕出かした不倫行為に対する、あなたの

「怒り」「憤り」「裏切られた気持ち」の裏返しです。

 

それと、気が付いたかと思いますが

この制裁方法は「再構築」前提です。

 

「人間ATM」制裁に反発する旦那(夫)であれば

早々に「離婚」に動くはずですから。

 

 

不倫した旦那(夫)には「離婚をしない!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

通常であれば「離婚」や「慰謝料請求」は

有責側に対しての最終的な制裁方法なのは間違いありません。

 

しかし、この方法は有責側の旦那(夫)との「離婚」前提なのです。

 

まず有責側、つまり旦那(夫)から「離婚」を

切り出すのは原則的に不可能です。

 

つまりこの制裁方法は「絶対に離婚しない!」と

「不倫された側」が宣言するのです。

 

かと言って「再構築」する訳でもなく

ただ「離婚しないだけ」なのです。

 

この「離婚しない!」制裁方法は、旦那(夫)が不倫相手との

再婚を強く望んでいる場合に、効力を発揮する制裁方法です。

 

それこそ前述の「生体ATM」制裁方法と併用する

ケースもあるのではないでしょうか?

 

正直この方法は「あなた(不倫された側)」の意地と

不倫相手と旦那(夫)に対する、

それこそ究極の「嫌がらせ」だけで成り立っている方法です。

 

「あなた(不倫された側)」の

屈強な精神力が無ければますは不可能でしょう。

 

ただ、この方法が本当にベターな方法なのかどうかは

別問題であり、本当の意味で解決や収束するのかといえば

少々疑問に感じますが、旦那(夫)に対して

少なくても根深い「怒り」を感じる制裁方法ではあります。

 

※下記の条件に該当するなら、有責側からでも離婚請求が可能です。

  • 離婚した事で、配偶者が精神的や社会的、
    経済的に困窮する状況にならない事
  • 年齢や同居期間と照らし合わせ、別居期間が長期に渡る事
  • 夫婦間に未成年(18歳~20歳)の子供がいない事

ちなみに有責配偶者が離婚したい場合の

必要な「別居期間」は10~20年です。

 

ちなみに、この条件に至った判例もあるとの事です。

 

正直、かなり限定される条件ではないでしょうか?

 




 

旦那(夫)の不倫相手を制裁する方法は?

不倫相手も状況によっては、法に触れない範疇とはいえ

旦那(夫)と同程度の「制裁」が科せられるケースが大半でしょう。

 

以下は旦那(夫)の不倫相手に対して

苛烈な制裁の一例です。

 

旦那(夫)の不倫相手には「家族に相談する!」で制裁!


参照元:http://gahag.net/

不倫相手が不倫した事実を、

不倫相手の「家族にバラしたい!

不倫発覚直後は特にそう思う人も多いのではないでしょうか?

 

不倫相手の状況によって、

以下のように不倫相手の家族といっても、

誰に相談するか」が変わります。

  • 不倫相手が既婚者の場合…不倫相手の配偶者、不倫相手の親、
  • 不倫相手が未婚の場合…不倫相手の親、不倫相手の(本来の)交際相手
  • 不倫相手が未成年の場合…不倫相手の親、

 

感情に任せ、不倫相手の家族とはいえ最大の

つい攻撃的になりがちですが

「一刻も早く不倫問題を収束させた方が絶対に良いので、

意見を伺いに来ました」等、

再構築を匂わすスタンス(不倫相手には別れてもらう)で

話をすすめるのです。

 

あくまで「相談する形」で。

 

怒りにまかせて不倫相手の家族に

「不倫行為」をバラすといった行為をすると

名誉毀損」「プライバシー侵害」等で訴えられます。

 

くれぐれも不倫相手の家族や親に会う時は、

くれぐれもコトバや言い回しに気を付けましょう。

 

あなたと「不倫相手の家族」が会ったと

不倫相手が知った時が制裁効力の発現の時でしょう。

 

 

旦那(夫)の不倫相手には「示談」することで制裁!


参照元:http://gahag.net/

示談」とは?端的に「話合い」を意味します。

 

特に争い事やもめ事等を表(裁判)に出さずに、

問題を収束させるために当事者間で

示談金」やその他の条件決める話し合いを言います。

 

俗にいう「示談書」は、この話し合いで決めた事項をまとめた

法的効力を持つ書類を意味します。

 

正に当事者のみの「示談」の場合もありますが

多くの場合は間に弁護士が入って話を進めるケースが多いでしょう。

 

不倫相手への制裁という観点なら

後述する「訴訟」と比べ、早く話が進むとはいえ

精神的な制裁と物理的な制裁、

両方を兼ね備えた制裁方法だとも言えます。

 

※「示談」の流れや詳細などは、

今回の記事の趣旨から大きく外れるので

記載は省略させていただきます。

 

 

旦那(夫)の不倫相手には「訴訟」で制裁!


参照元:http://gahag.net/

上記の「示談」と「訴訟」の違いは

かなり乱暴な言い方ではありますが、以下の通りです。

  • 示談」…当事者同士の交えた話し合いで
    「示談金」やその他の条件を決める
  • 訴訟」…読んで字の如く、
    裁判にて「慰謝料」やその他の条件についての裁定を下す

多くの場合「示談」に臨んだものの、

決裂してしまい「訴訟」に移行したケースが多いでしょう。

 

不倫相手への「訴訟」なので、

多くの場合、一例ですが以下の様な「慰謝料」関連での争いとなります。

  • 慰謝料の金額
  • 慰謝料の支払い方法
  • 最も慰謝料そのものに納得がいかない

 

「訴訟」に持ち込んだ場合、慰謝料金額云々よりは

「不倫行為の責任の所在をはっきりさせる」色合いがかなり強く

不倫相手に対しての究極的で、精神的制裁方法ともいえます。

 

不倫相手に与える

精神的心理的プレッシャーは半端ないでしょう。

 

※「訴訟」の流れや詳細などは、

今回の記事の趣旨から大きく外れるので

記載は省略させていただきます。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

旦那(夫)の隠し子の見つけ方!証拠を抑えて慰謝料をとる方法は?

旦那(夫)がかまってくれない時の心理やおすすめの対処方法、原因とは?

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

不倫で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

浮気、不倫相手に復讐(仕返し)する方法や相手を特定するには?

 

以上「旦那(夫)を不倫で制裁する方法!

相手や本人の懲らしめ方をご紹介!」についてでした。

 

法に乗っ取った「制裁」の究極の形は、以下のようにまとめられます。

  • 不倫相手や旦那(夫)相手に慰謝料請求
  • 旦那(夫)相手に離婚請求
  • 拒否するなら不倫相手や旦那(夫)相手に「制裁」目的の訴訟を起こす

「家庭を壊した」罪を「慰謝料」に変えて責任を取る』、

または『慰謝料請求の訴訟を起こす』に付きます。

 

旦那(夫)に対しては、

場合によっては「離婚」に至るケースも多いですが

そもそも「離婚」そのものは

「不倫や浮気」以外の理由でも離婚成立します。

 

確かに「離婚」も苛烈な旦那(夫)に対しての制裁ですが

不倫した事への究極の制裁はやはり「慰謝料請求」でしょう。

 

人によっては

法に乗っ取った、と云っても結局『お金』だな」と

感じるかもしれませんが

責任の幅は『お金』でしか測れないのが現状です。

 

それこそ、不倫相手から

お金が欲しいだけでしょ?」と口撃されるかもしれませんが、

その「お金(慰謝料)」とその為の慰謝料請求訴訟が

最も効力が大きい「制裁」なのです。

 

また、その各種請求を

不倫相手や旦那(夫)に対して起こすにしても

その為の弁護士依頼をするにしても

不倫事実を証明する「決定的な証拠」が必要となります。

 

単独である程度証拠は収集していたとしても

訴訟に耐えうる証拠となると

単独収集はどうしても限界があります。

 

いきなりですが、

その「決定的な証拠」収集におすすめしたい

探偵事務所があります。

 

その探偵事務所とは「原一探偵事務所」です。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼

 

不倫や浮気調査に強い探偵事務所としても有名なので

既にご存じの方も多いかもしれません。

 

それ程に認知度が高い探偵事務所でもあります。

 

おすすめしたい理由は、様々ありますが

その中でも何といっても

業界40年以上君臨するその経験のノウハウに裏打ちされた

圧倒的な調査力でしょうか?

 

それこそ不倫による「慰謝料請求」に必要な「決定的な証拠」を

かなり高い確率で揃える事が可能です。

 

人によっては「確実に揃える事が可能じゃん!」と

感嘆の声あげる人も居るでしょう。

 

「慰謝料請求」の為の「訴訟」に至った場合でも

原一探偵事務所」は弁護士との連携があり

希望次第では「弁護士紹介」も可能なので

滞りなくスムーズに「訴訟」に移行できます。

 

不倫相手や旦那(夫)に、

1秒でも早く法に乗っ取った「制裁」を

確実に下したいと考えているなら

まずは「原一探偵事務所へ相談してはいかがでしょうか?