昨今のネットやメディア等の様々なニュースや、

エンタメ系で目立つワードに「不倫」があります。

 

議員の方々も芸能人も平気で不倫しているから、

不倫ってしていいんだ」と云わんばかりに、

異様な流れがあるのは事実です。

 

しかし議員の方々も芸能人も、

発覚すると少なからずダメージがあるのが「不倫」であり

特にイメージで売っている「芸能人」は

致命的なダメージを負うケースも珍しくありません。

 

これが一般人の場合、不倫が発覚すると

多くの場合周囲を巻き込み「人生が変わるレベル」まで

生活環境を激変させます。

 

これが不倫した一般人の妻(嫁)でも例外ではありません。

 

さすがに「慰謝料請求」や「離婚請求」は

最終手段になるにしても、

多くの旦那(夫)さんは、不倫した妻(嫁)

もしくは不倫相手に対して法に触れない範囲で

何らかのペナルティ(制裁)を与えようとするでしょう。

 

なのでペナルティ(制裁)として考えられる

妻(嫁)やその相手を不倫で制裁する方法等をまとめました。

 

まさに今、不倫した妻(嫁)への

法に触れない範囲でのペナルティ(制裁)

考えている旦那(夫)さん、必見です。

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

不倫した妻(嫁)を制裁する方法は?

再構築するか、このまま離婚するかなど

今後どのようにするかによっても

不倫した妻(嫁)への「制裁」方法は変化します。

 

ですが、法に触れない範囲でとはいえ、

それでもせずにはいられない「制裁」。

 

一部ですがご紹介します。

 

不倫した妻(嫁)には敢えて泳がす事で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

不倫した妻(嫁)を「敢えて泳がす」と聞くと

一瞬「?」と感じるかもしれません。

 

この方法は「制裁」というよりは、

とある「制裁」の為の準備といった方が正しいでしょう。

 

また、無期限に「敢えて泳がす」のではなく、期間を決めて

「敢えて泳がす」のです。

 

その間旦那(夫)さんは感情的になりがちですが、

必死で「平静」を保つ必要があります。

 

と述べると「何を言っているの?」となりますよね?

 

つまり「不倫した妻(嫁)」を「敢えて泳がす」間に

「不倫した証拠」を収集するのです。

 

ここで収集した「不倫した証拠」を持って、

「不倫した妻(嫁)」に「制裁」するのです。

 

すでにお分かりかもしれませんが、

この「制裁の為の準備」は、旦那(夫)さんが以下の状態の時におすすめです。

  • 妻(嫁)に対して不倫疑惑がある(半ば確信的)
  • 不倫の証拠が不十分、足りていない
  • 更なる具体的な制裁方法を考えている

 

 

不倫した妻(嫁)にはとにかく別居する事で制裁!


参照元:https://www.pakutaso.com/

「えっ?」と感じるかもしれない「不倫した妻(嫁)との別居」。

 

さらに不倫を増長する事になるかも?と、

感じるかもしれません。

 

しかし、不倫発覚ならいざ知らず

「不倫した妻(嫁)」つまり不倫発覚後なので

ほとぼりが冷めるまでは、

何事も無いかのように大人しくなるハズです。

 

しばらくは不倫相手に連絡すら取らなくなるでしょう。

 

むしろ別居なると、「不倫した妻(嫁)」の中では

様々な事が想定され、別居を拒否る事があるかもしれません。

 

別居となると「不倫した妻(嫁)」の実家が健在なら実家へ強制送還、

実家がすでに代替わりなどしているなら、

しばらくウィークリーマンションを借りるか、

一時的に親戚に身を寄せる事になるでしょう。

 

実家への強制送還なり、親戚に身を寄せる事になった場合

なぜ実家へ強制送還された理由を話す事で

「不倫した妻(嫁)」は針のムシロ状態になる訳です。

 

最も「不倫した妻(嫁)」が、

自分の良いように説明するケースが多いでしょうが。

 

なので旦那(夫)さん側が「不倫した証拠」を持って

説明すれば、充分に「制裁」になるでしょう。

 

 

不倫した妻(嫁)には「職場や義実家に報告する!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

「義実家」「職場」と報告先が違いますが

不倫した妻(嫁)への制裁」として

あくまで「現状を報告する」事が目的なので

1つの項目にまとめています。

 

  • 妻(嫁)の職場の上司に相談する

「職場」とあるのは「不倫した妻(嫁)」が、働いている場合であり

不倫相手も妻(嫁)と同じ職場、つまり「社内不倫」だった場合

上司に相談する必要がある」と考えます。

 

社内恋愛に厳しい社風の企業や、公務員など

職種や業種によっては「社内不倫」は問題外のケースもあるのです。

 

増してや勤務時間内に不倫の事実があれば

速攻「懲戒免職」レベルでしょう。

 

不倫相手が「不倫した妻(嫁)」の上司の可能性もあるので

企業の管理上層部に直接面会し、相談することをおすすめします。

 

よく「密会写真」をいきなり会社に送り付けるという

ハナシもありますが「名誉毀損」にあたる可能性があるので

おすすめしません。

 

「妻(嫁)の職場の上司に相談する」制裁は、

社会的な制裁を不倫した妻(嫁)に加えたい時に有効です。

 

 

  • 義実家へ報告する

先の「とにかく別居する事で制裁」と被る面がありますが

ここでいう「義実家へ報告する」は読んで字の如くの意味です。

 

ただ、義両親からすると娘である「不倫した妻(嫁)」への

「文句」や「愚痴」、「非難・中傷」ではなく

コトバを選びつつ、淡々と「不倫した妻(嫁)が仕出かした事」を

報告する事が重要です。

 

「不倫した妻(嫁)」への「文句」や「愚痴」「非難・中傷」だと

名誉毀損」に触れる可能性があり、

最もその行為は「制裁」になりません。

 

あくまで現状を知ってもらうことが重要なのです。

 

よく「密会写真」を会社に送り付けるという

ハナシもありますが、報告の際に密会写真を提示するのが効果的です。

 

「不倫した妻(嫁)」にしては「不倫行為」は

誰たりとも隠しておきたい事象なので

義実家に報告するだけでも、精神的な制裁に値するハズです。

 

※「不倫した妻(嫁)」が専業主婦だった場合は

該当しない制裁方法ではあります。

 

 

不倫した妻(嫁)には不倫現場に突入で制裁!


参照元:https://www.pakutaso.com/

不倫現場に突入」は

不倫された側からすると

百聞は一見に如かず」的な行為であり

揺るぎない「不倫の証拠」を得る機会であり、

「不倫した妻(嫁)」に対して、ある意味究極の「制裁」です。

 

不倫相手と妻(嫁)が会うタイミングを把握している状態なら

思い切って、不倫現場に突入するのもアリでしょう。

 

突入する状況によっては、

「不倫した妻(嫁)」や旦那(夫)さん双方に

トラウマを抱える可能性や

警察沙汰になる可能性もあるのも予想できますが

少なくても「不倫した妻(嫁)」にとっては十分すぎる「制裁」です。

 

※警察沙汰になると「傷害」に発展する可能性が

あるので突入時の行動に注意が必要です。

 

「冷静に行動する」が理想ですが、

おそらく平静を保てない旦那(夫)さんを抑える意味でも、

冷静に対応可能な信頼できる友人知人数人で

不倫現場に突入するのがベターでしょう。

 

また、探偵事務所への「不倫調査依頼」の流れで

「決定的な証拠収集」目的に不倫現場に突入すると

いったケースも充分に考えられます。

 

不倫現場への突入は「不倫した妻(嫁)」への

制裁としては十分すぎますが

感情に任せて不倫現場に突入するのではなく

その後どうするのかが重要でしょう。

 

 

不倫した妻(嫁)には「離婚届」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

これも「離婚届で制裁」と書くと

正に最終手段」の響きがありますが

「制裁」方法とするなら、

やはりそれなりの「条件」と「準備」が必要です。

 

ご存じの通り「不倫」は

「離婚」の原因に充分成り得る理由です。

 

その上で「離婚届」提出はあくまで「不倫した妻(嫁)」と

よく話し合った上での「制裁手段」である事をが重要です。

 

互いに話し合った上で旦那(夫)さんが離婚を考えていて

「不倫した妻(嫁)」が専業主婦だった場合は

究極の「制裁方法」と云えるかもしれません。

 

「慰謝料請求」とセットで考えがちですが、

「慰謝料」なしの「離婚」も普通にあり得るハナシなので

「慰謝料請求」と別途考える必要があります。

 

最も、旦那(夫)さんが「再構築」を考えているなら、

この「離婚請求」は、全くの問題外の制裁方法でしょう。

 

※それこそ不倫に対する制裁として、

一方的に「離婚届」と提出するなど

「離婚届」を「脅迫」に使うハナシはよく耳にします。

 

離婚届が夫婦の自署押印であるときは、

偽造に関する罪は問えませんが、

届出の意思(離婚の意思)がない相手を

無視して勝手に届け出ると、

役所にした離婚の届出は虚偽の申立てですから、

いずれにしても罪は免れません。

引用元:http://choutei.net/kaji/kyougirikonmukoukakunin/rikontodoke-katte-hanzai/

 

「離婚届」を脅迫に使う行為は

それこそ法に触れる可能性があるので、

感情的になるのは非常に理解できますが、

絶対にしないでください。

 




 

妻(嫁)の)不倫相手を制裁する方法は?

不倫行為の責任は、もちろん何らかの形で

不倫相手にも課せられます。

 

基本的には決して逃れる事ができません。

 

※極論ですが、裁判にて請求が認められれば

決して逃れることはできません。

 

以下は妻(嫁)の不倫相手に対しての制裁の一例です。

 

妻(嫁)の不倫相手には「家族に話する!」で制裁!


参照元:http://gahag.net/

当たり前な話、妻(嫁)の不倫相手にも家族があります。

 

不倫相手が既婚者であれば「家庭」つまり、配偶者や子供もいて

「良きお父さん」をやっている事も、ザラにあるでしょう。

 

正確には、不倫相手を誹謗中傷するのではなく

あくまで現状を知ってもらう観点で、「不貞の証拠」を持って

不倫相手の配偶者(不倫相手の妻)に冷静に話をする、が

正しい流れです。

 

不倫である以上、不倫相手の「家庭」に隠れて不倫をしているので

家族に話する!」これだけでかなり「制裁」効力を発揮します。

 

もちろん、言葉を選ぶ必要はかなりあり

その言葉によっては、不倫相手の配偶者(不倫相手の妻)が

「敵」になる可能性も充分にあるので

不倫相手の配偶者(不倫相手の妻)と話する際は本当に注意が必要です。

 

 

妻(嫁)の不倫相手には内容証明郵便で制裁!


参照元:https://www.photolibrary.jp/

「妻(嫁)の不倫相手に一切会いたくない」

「自筆文章で自宅に送り、妻(嫁)の不倫相手に制裁を加えたい」と

考えている旦那(夫)さんは内容証明郵便送付をおすすめします。

 

多くの場合は後述する「慰謝料請求」関連の記載ですが

それだけではありません。

 

以下の様な様々な付帯事項を記載することが可能です。

  • 不倫継続を辞める
  • 妻(嫁)やその家族への接触禁止、
  • 接触した時の罰則事項

※記載内容は事前に弁護士へ依頼するなどで打ち合わせした上で

決定した方が良いでしょう。

 

なによりも内容証明郵便は

妻(嫁)の不倫相手への意思表示した証明にもなり、

コトバが悪いですが事実上の宣戦布告です。

 

この内容証明郵便を作成するにも

旦那(夫)さん自身が作成する方法と、

弁護士などのプロに依頼する方法とがあります。

 

突然、旦那(夫)さんから不倫相手の自宅に

慰謝料請求の文書が送付されるわけで

妻(嫁)の不倫相手からすると、正に青天の霹靂状態であり、

内容証明郵便送付だけでも

法的に充分制裁できる結果になるのです。

 

 

妻(嫁)の不倫相手には慰謝料請求で制裁!


参照元:http://gahag.net/

上記の「内容証明送付」に記載した

慰謝料請求」についてです。

 

現状、妻(嫁)の不倫相手に対しては、

「慰謝料請求」は究極の物理的「制裁方法」のひとつです。

 

不倫に対しての「慰謝料請求」ではなく

不貞行為に対しての「慰謝料請求」であるのがポイントです。

 

「不貞行為」とは、ズバリ「男女間の性的関係」を意味します。

 

妻(嫁)の不倫相手によって、

以下の過失や権利の侵害があった場合「慰謝料請求」が可能となります。

  • 妻(嫁)が既婚者である事を知っていながら「不貞行為」があった場合。
  • また不倫相手による「不貞行為」によって、夫婦関係が保てなくなった場合。

 

注意しなければいけないのは

「慰謝料請求」はあくまで妻(嫁)の不倫相手であることです。

 

妻(嫁)の不倫相手の親や親せきは立場が違うので

「慰謝料」支払においては全く関係がありません。

 

しかし、結果的に妻(嫁)の

不倫相手の親が支払うケースが多いでしょう。

 

※「慰謝料請求」の詳細は、かなり長文になり

今回の記事の趣旨とはズレるので、

詳細の記載は控えさせていただきます。

 

ちなみに、妻(嫁)の不倫相手にとっての

究極の社会的「制裁方法」は「職場への報告」です。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気、不倫相手に復讐(仕返し)する方法や相手を特定するには?

浮気や不倫をLINE(ライン)で見破る方法!バレず見ることもできる?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

浮気で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

不倫や浮気調査ではGPSを!安い通販のおすすめランキングのご紹介!

 

以上「妻(嫁)を不倫で制裁する方法!

相手や本人の懲らしめ方をご紹介!」についてでした。

 

最近は、妻(嫁)に限らずそれこそ「精神的な制裁」

「精神的な抑止力」「精神的な脅迫」として

「離婚届」をかざすケースもあると多いと耳にします。

 

先にも云いましたが「慰謝料請求」や「離婚」は

究極の「制裁方法」ではありますが、

いざ「慰謝料請求」や「離婚」となると

双方にかなりのパワーが必要となり、

双方にかなり疲弊するハズです。

 

特に「離婚」は「精神的な制裁」ではなく

「全方位的な最終的な制裁」であり、

「脅迫材料」に使えるような「制裁方法」ではありません。

 

様々な理由や置かれたそれぞれの環境も手伝い

だからこそ弁護士が入る事も多いのでしょう。

 

弁護士に依頼するにも

不倫を証明する「決定的な証拠」が必要です。

 

実は「決定的な証拠」収集におすすめしたい

探偵事務所があります。

 

その探偵事務所とは「原一探偵事務所」です。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

不倫や浮気調査を得意とする

探偵事務所としても有名であり

メディア露出も多いので既にご存じの方も多いでしょう。

 

それ程に認知度が高い探偵事務所に

筆頭によく上がります。

 

なぜおすすめしたい探偵事務所なのか?

 

理由は様々ありますが、それでも何といっても

業界40年以上君臨する老舗探偵事務所故の経験と

そのノウハウに裏打ちされた圧倒的な調査力でしょうか?

 

正に不倫が原因での「慰謝料請求」に

必要必須である「決定的な証拠」を

かなり高い確率で揃える事が可能です。

 

また、仮に「慰謝料請求訴訟」に至った場合でも

「原一探偵事務所」は弁護士との連携があり

希望次第では「弁護士紹介」も可能です。

 

滞りなくスムーズに妻(嫁)に対し

「訴訟」を起こすことも可能なのです。

 

不倫相手や妻(嫁)に、

いち早く法に乗っ取った「制裁」を

確実に下したいと考えているなら

まずは「原一探偵事務所」に相談してはいかがでしょうか?