浮気」と「不倫」の違いとは?

 

配偶者以外の異性と

継続的な性交渉(不貞行為)があるかどうか」が

「浮気」と「不倫」との判断の分かれ目になります。

 

ある場合が「不倫」、無い場合(つまり1回きり)が「浮気」とされ、

さらに浮気は「婚姻関係を継続しつらい重大な理由」と

される事もあります。

 

また、何を持って「浮気」とされるのは、

人によって様々な解釈がされますが、それでも

少なからず何かしらのペナルティを下したい思う人も

多いのではないでしょうか?

 

何かしらのペナルティを下したいのなら

法に触れない範囲での制裁もアリでは、ないかと考えます。

 

なので、旦那(夫)や不倫相手に対しての

法に触れない範囲での制裁方法をまとめました。

 

正に今、旦那(夫)への制裁方法を考えている嫁(妻)さん、必見です。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼


 

浮気した旦那(夫)を制裁する方法は?

「浮気」でも「婚姻関係を継続しつらい

重大な理由」になる場合もある以上

誰もが何かしらのペナルティ(制裁)

下したいと考えるでしょう。

 

なので、以下は法に触れない範疇での

旦那(夫)に対する制裁方法をご紹介します。

 

浮気した旦那(夫)には家計管理の役目を取り上げる制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

旦那(夫)と嫁(妻)さんの収入を比較したとして

多くの場合は嫁(妻)さんよりも

旦那(夫)の方が収入が多い夫婦が多いでしょう。

 

※もちろん、

全く逆パターンの夫婦もあるのは承知しています。

 

それが理由で、古い表現ですが大黒柱である

旦那(夫)が家計管理しているのではないでしょうか?

 

つまり、旦那(夫)の方は住宅ローン等の各種ローンや保険、

場合によっては税金周りなどを管理した上で

旦那(夫)から生活費(食費+雑貨+光熱費+通信費等)が渡され

その生活費内で嫁(妻)さんが

やりくりするケースが多いでしょう。

 

旦那(夫)からその際に「お小遣い」を

貰っている場合もあるでしょう。

 

浮気した旦那(夫)への制裁として

その「大黒柱特権(?)」である家計管理を

嫁(妻)さんが無条件で取り上げるのです。

 

兼業主婦だろうが専業主婦だろうが

嫁(妻)さんの立場は何ら関係ありません。

 

その上、旦那(夫)へのお小遣いも減額し

その分貯金に回せば一石二鳥です。

 

※もちろん、様々なケースもあるのは承知しています。

 

要は生活費だけではなく

家計全般を仕切るようにするのです。

 

家計全般を仕切りたい旦那(夫)であれば、

精神的な制裁に充分になり得るのでは?と考えます。

 

 

浮気した旦那(夫)には一定期間無視するで制裁!


参照元:https://www.pakutaso.com/

無視する」行為は、確かにかなり子供っぽい行為です。

 

端から旦那(夫)は居ないモノとして行動し

旦那(夫)からの会話や行動など全て無視することで、

旦那(夫)の浮気行為に怒っている」を態度で

アピールする事も出来るでしょう。

 

最もなぜ「無視するのか?」ですが

旦那(夫)の浮気に対する怒りからであり

旦那(夫)の相手をしたくなくなる、世話なんてメンドクサイ…

といった心理状態から来る、

ある意味「無関心状態」なのです。

 

確かに「無視する」行為を拗らせると

別居」になるリスクも潜んでいます。

 

最もいつまでも「無視するわけではなく」

旦那(夫)の方に、浮気に対する明らかな反省が見られれば

それは無視を止めるタイミングでもあります。

 

「嫁(妻)さんに無視されダメージを喰らうような

ヘタレ旦那(夫)であれば制裁効果がある。」といった意見もありますが

旦那(夫)に限らず無視されると、存在を否定されている事と同義で

大なり小なり凹むのが人間です。

 

地味に精神的な制裁を旦那(夫)に与える事が

可能であり「再構築」前提の制裁方法ではあります。

 

最も「無視」に耐えられない短気な性格の旦那(夫)であれば

旦那(夫)の方から歩み寄るか、

最悪離婚に進むことになるでしょう。

 

 

浮気した旦那(夫)には浮気現場に突入で制裁!


参照元:https://www.pakutaso.com/

友達や知人数人で、不倫ではなく「浮気現場」を押さえ、

旦那(夫)や浮気相手に「浮気の事実」を問い質すといった

修羅なハナシも現実に有ったりします。

 

いわゆる「現行犯」なので、

旦那(夫)や浮気相手も逃げ隠れできないハズです。

 

もちろん旦那(夫)や浮気相手の浮気全般を把握

スケジュールや浮気現場候補なども

ある程度特定するなど

用意周到な事前準備が必要です。

 

嫁(妻)さんが体調不良で仕事先から早退した際、

帰宅すると旦那(夫)と浮気相手が「浮気」している最中だったという

修羅なハナシもザラにあります。

 

旦那(夫)の自宅、もしくは浮気相手の自宅が

「浮気現場」にしている可能性も高いでしょう。

最も浮気現場にいきなり急襲する訳ですから、

どのようなトラブルが発生するか

全く予想がつかない可能性もあります。

 

暴力沙汰も有り得るハナシでしょう。

 

友達や知人数人で「浮気現場」を押さえる理由は

そこにあります。

 

旦那(夫)への制裁としては、

精神的心理的な制裁方法に付きます。

 

離婚前提の制裁であるなら

「浮気現場に突入」はアリではないでしょうか?

 

 

浮気した旦那(夫)には「義実家へ相談します!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

義両親は、あくまでも「旦那(夫)の親」であり

死ぬまで息子である旦那(夫)を信じる

義両親が多いのが現実です。

 

得てして、無意識に嫁(妻)さんを悪者にしたうえで

自分の家族のスタイルを堅持する」義両親も実は多いのです。

 

どれ程に家族と思っても、

極論ではあるモノの、

義両親にとっては「嫁(妻)さんは他人」ではあります。

 

ですが、旦那(夫)に浮気をやめるように

進言しても無視する場合は

「再構築」前提で「浮気をやめる」目的であれば、

浮気を証明する「証拠」持参で

旦那(夫)の家族に相談してはいかがでしょうか?

 

旦那(夫)への制裁方法としては

「義実家へ相談内容」よりも

義実家へ話をした」事実だけで、

充分な精神的な制裁になるでしょう。

 

また、常々「何があっても親には連絡しないでほしい」と

日頃から旦那(夫)に言われていたにも拘らず

旦那(夫)の義実家に突撃した場合は、

明らかに「名誉毀損」「プライバシーの侵害」に抵触します。

 

この場合は、旦那(夫)の方針に従った方が良いでしょう。

 

 

浮気した旦那(夫)には「離婚訴訟する?」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気なら、それこそ「1回の過ちで」とか

だれでも間違いがある」とか「魔が差した」とか

あなたも、結婚後も他の男性に心奪われたことが無いの?」とか

旦那(夫)の共通の知人、

旦那(夫)と同じ職場だった場合は同僚や上司など

アリとあらゆる関係者から、浮気発覚時に

上記のようなそうツッコミがある事も多いでしょう。

 

自由恋愛は否定しませんが、たかが1回、されど1回…。

 

しかし「結婚」している以上「浮気」は「不法行為」にあたり

またその「1回」が、著しく夫婦生活を損なう場合もあります。

 

つまり回数云々の問題ではないのです。

 

それこそ、人によっては1回でも「裏切った」事には違いないので

絶対に許せないという人もいます。

それでも「たかだか1回で

浮気したからって離婚って」と旦那(夫)が言い放つなら

思い切って「離婚訴訟」起こすのもやぶさかではないでしょう。

 

旦那(夫)にとっては

かなり精神的なダメージを負う、究極の制裁方法とも言えます。

 




 

旦那(夫)の浮気相手を制裁する方法は?

浮気された側の誰もが、浮気相手に対しても

やはり何らかのペナルティ(制裁)を!と

考えるのも無理はないでしょう。

 

以下は旦那(夫)の浮気相手に対しての制裁の一例です。

 

旦那(夫)の浮気相手には「家族に相談します!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初に、浮気相手に対する「腹いせ」目的で

浮気行為をバラす為に

浮気相手の家族に突撃するのは厳禁です。

 

浮気相手のその家族に対しての

「非難」「誹謗中傷」「暴言」は問題外です。

 

最悪「名誉毀損」「プライバシーの侵害」等を盾にして

逆に訴えられる可能性が飛躍的に高くなります。

 

旦那(夫)の浮気相手個人に対しての

浮気行為の責任であるのが理由です。

 

旦那(夫)の浮気相手に浮気を止めるように警告しても

全く聞き入れない場合

「浮気を止める」目的であれば、

浮気相手の家族に相談するのもアリでしょう。

 

この方法は旦那(夫)との再構築が前提であり、

逆に離婚することが決まっているなら、

前述のように「腹いせ」目的で「浮気行為をバラす」と認識され

訴えられる可能性が飛躍的に高くなります。

 

旦那(夫)の浮気相手への制裁としては

人によっては「逆ギレ」モノの制裁方法ともいえます。

 

つまり「浮気相手の親と話した内容」よりも

「浮気相手の親と話した」事実だけで

かなりの精神的ダメージを与える制裁方法なのです。

 

 

旦那(夫)の浮気相手にはやはり「念書を交わす」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

イメージ写真のような「誓約書」の場合もあります。

 

旦那(夫)の浮気相手に「浮気の事実」を認めるだけでも

長い時間がかかります。

 

時には言い争い、暴力沙汰になる事もあるでしょう。

 

可能な限り冷静に、旦那(夫)の浮気相手と話し会ったうえで

「2度と浮気はしない」と念書に記載してもらうのが

最も理想的な流れでしょう。

 

念書」は、旦那(夫)の浮気相手との話し合いで決めた項目等を

記載した書類ですが法律に準拠したモノではありません。

 

しかし「不貞行為」を認め事実として記載することに

「念書」の意味はあります。

 

過去に浮気や不倫をした記録媒体でもあり

最悪訴訟となった場合でも「証拠となり得るアイテムです。

 

旦那(夫)の浮気相手への制裁としては、

「訴訟」とは比べ物にならないにしても

精神的心理的にダメージがある制裁方法ではないでしょうか?

 

※「念書」関連の詳細については、スペースの関係上

今回は控えさせていただきます。

 

 

旦那(夫)の浮気相手には慰謝料請求で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

え?浮気で慰謝料請求されるの?」と

キョトンとする浮気相手も存在しそうですが、

浮気を舐めてはいけません。

 

確かに「不倫」に比べ、

慰謝料金額そのものは世間一般的に少額ですが

条件によっては請求できるケースもあるのです。

 

おそらく「(浮気なので)慰謝料は請求されない」と

思い込んでいる浮気相手も多いのではないでしょうか?

 

最も浮気行為に対しての慰謝料請求ではなく

浮気や不倫そのものよりも「不貞行為」の有無が重要であり

浮気相手が「婚姻関係を破綻させたか?

浮気相手と旦那(夫)との「性的関係が継続中かどうか」が

ポイントとなります。

 

不貞行為とは、ズバリ「性的関係」です。

 

※仮に1回の不貞行為でも、人によっては気持ち悪くて

旦那(夫)との婚姻関係継続不可能となるケースも有り得ます。

 

これまでの説明を踏まえ

浮気相手でも以下の条件すべてに該当すれば、

不倫の際の慰謝料程ではないものの、それでも慰謝料が発生します。

  • 相手(旦那(夫)の事)が結婚していると
    認識していながら浮気する(故意
  • 相手(旦那(夫)の事)が結婚しているとは
    はっきり聞いていないけど、
    状況から既婚者かも?と気が付くはずなのに浮気する(過失
  • 浮気相手の不貞行為により夫婦間の婚姻関係が破綻(権利の侵害

浮気相手からすると、法に乗っ取った

充分な物理的制裁方法ではないでしょうか?

 

また、勘違いされる事が多いですが

浮気相手の親が慰謝料を払う義務はなく

「慰謝料請求」はできません。

 

ここでいう「慰謝料」は、

あくまで「浮気相手」個人に対しての請求です。

 

ただ、浮気相手が未成年の場合

浮気相手の親から「慰謝料」支払申し出があるケースもありますが

その場合は全く問題はありません。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

旦那(夫)の隠し子の見つけ方!証拠を抑えて慰謝料をとる方法は?

不倫や浮気が複数人いる時の対処法!やめさせ方や相手を特定するには?

浮気で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

 

以上「旦那(夫)を浮気で制裁する方法!

相手や本人の懲らしめ方をご紹介!」についてでした。

 

修羅な話でよく耳にする

シタ側のフレーズ「1回の過ちで、大げさな。」。

 

気軽に「浮気(不倫)」する傾向が読み取れるフレーズですが

サレ側からすると「たかが1回、されど1回」とはいえ

裏切り行為には間違いありません。

 

この裏切り行為がトラウマとなり「婚姻関係継続が困難」に至り

「離婚」に至るケースも決して少なくありません。

 

かなり話が飛躍しすぎましたが

この「離婚請求」にせよ先の「慰謝料請求」にせよ

独自で行うことも可能ですが、

多くの場合弁護士が間に入る場合が多いでしょう。

 

弁護士に依頼するにしても、

浮気や「婚姻関係継続が困難」を証明する

決定的な証拠」が必要です。

 

いきなりですが、ここで「決定的な証拠」収集に

おすすめしたい方法があります。

 

原一探偵事務所を筆頭とした、

各探偵事務所に依頼する方法です。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼

 

特に「原一探偵事務所」は

不倫や浮気調査にを得意とする探偵事務所で有名で

メディア露出も多く認知度が高い探偵事務所でもあります。

 

また、おすすめしたい理由は、多岐に渡りますが

その中でも強調したいのは

業界40年以上の老舗探偵事務所故の

その経験のノウハウに裏打ちされた圧倒的な調査力でしょうか?

 

それこそ浮気による「慰謝料請求」に必要な「決定的な証拠」を

かなり高い確率で揃える事が可能です。

 

※慰謝料請求可能な浮気のケースも充分に有り得ます。

 

「慰謝料請求」可能なケースで「訴訟」に至った場合でも

「原一探偵事務所」は弁護士との連携がとれており

嫁(妻)さんの希望次第では「弁護士紹介」も可能です。

 

滞りなくスムーズに「訴訟」に移行できるはずです。

 

浮気相手や旦那(夫)に、

一秒でも早く法に乗っ取った「制裁」を

確実に下したいと考えているなら

まずは「原一探偵事務所」に相談してはいかがでしょうか?