「結婚しているという意識」もなく

「あくまで男友達だから」という理由での付き合いのハズが、

傍から見ると実は浮気そのものだった妻(嫁)

 

結婚式日直前まで、当時婚約者だった旦那(夫)に隠れて

浮気(二股)をしていた妻(嫁)、

しかもこの事実を知ったのは結婚後だった…。

 

ホンの一例ですが、前後の状況や環境、

交友関係があるにしろ

妻(嫁)の「さも有りなん」的な浮気現場の状況。

 

全部が全部ではないにしろ、

特に最近は浮気する事への抵抗と云うのでしょうか、

薄くなっているのでしょうか?

 

日々家族の為に頑張っている旦那(夫)さんからすると、

さすがに「勘弁してくれ…。」ですよね。

 

浮気した妻(嫁)やその浮気相手に

法に触れない範囲での「制裁」を考えるのも理解できます。

 

なので、妻(嫁)や浮気相手を

法に触れない範囲で制裁する方法などをまとめました。

 

まさに今、妻(嫁)や浮気相手に対して

何らかの制裁方法を模索している旦那(夫)さん、絶賛必見です。

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

浮気した妻(嫁)を制裁する方法は?

何を持って「浮気」とするのかは人それぞれですが

「浮気」は「婚姻関係を継続しつらい重大な理由」の

ひとつとされる行為でもあります。

 

甘く考えてはいけないというのは

解ってもらえるのではないでしょうか?

 

以下は旦那(夫)の浮気相手に対しての制裁の一例です。

 

浮気した妻(嫁)には無視する事で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

妻(嫁)の浮気が発覚してから旦那(夫)さんは

以下の「自覚症状」が発症していないでしょうか?

 

  • 妻(嫁)が作った料理は食べたくない
  • 妻(嫁)が作った日々のお弁当は食べたくない
  • 妻(嫁)が洗濯した下着や服を着用したくない
  • 妻(嫁)が掃除した空間には1秒も居たくない
  • 一緒に外食や外出したくない
  • 妻(嫁)に対して急に関心が持てなくなった
  • とにかく妻(嫁)が気持ち悪い…

世のすべての旦那(夫)さんがこのような

自覚症状を発症している訳ではないとは思いますが、

妻(嫁)の浮気が発覚してから、

上記のような「自覚症状」感じる旦那(夫)さんが

意外に多いのではないでしょうか?

 

その結果、浮気した妻(嫁)を無視する

最初から妻(嫁)は存在しないかのように行動するようになります。

 

妻(嫁)を愛していた分

裏切られた反動」によるものでしょう。

 

浮気した妻(嫁)でなくても

「無視される」「無関心な態度をされる」行為は

屈辱以外何物でもありません。

 

コトバにすると、かなり子供っぽく感じますが

かなりキツい精神的な「制裁」とも言えます。

 

※特に「妻(嫁)に対して急に関心が持てなくなった」が講じて

結果的に、浮気した妻(嫁)を一切無視する事も考えられます。

 

潔癖症気味の旦那(夫)さんであれば尚更ですが、

急に「気持ち悪くなった」のであれば、

それは「生理的にNG」であり

「再構築」はまず考えられません。

 

直ちに「離婚推奨」レベルでしょう。

 

 

浮気した妻(嫁)には敢えて泳がす事で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気した妻(嫁)を「敢えて泳がす」?

 

制裁にならないのでは?と、

突っ込みたくなるかもしれません。

 

正確には「制裁」のための「準備」になり、

浮気した妻(嫁)の決定的な証拠収集」する事になります。

 

特に後述する「関係者に話する」や

「関係者に報告する」タイプの制裁方法は

「浮気した決定的な証拠」によって、説得力が増し

制裁効力が高くなります。

 

いつまでも浮気した妻(嫁)を「敢えて泳がす」のではなく

「浮気した決定的な証拠」が集まるまで放流状態にするのです。

 

しかし、浮気した妻(嫁)を「敢えて泳がす」間は

旦那(夫)さんは気が気ではないですよね?

 

つい感情的になってしまいがちですが

「浮気した決定的な証拠」が集まるまでは

無理にでも冷静に保つ必要があります。

 

浮気した妻(嫁)へ制裁をと行動するにしても

現在の状況が以下のようであれば

まずは「浮気した決定的な証拠」収集をすべきでしょう。

  • 妻(嫁)への浮気疑惑がある(確信している)
  • 浮気の証拠が少なすぎる
  • 何らかの制裁方法を想定している

 

 

浮気した妻(嫁)には浮気現場に突入で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ズバリ「浮気現場の突入する方法」は、

「離婚前提」においての

究極の実力行使に近い制裁方法です。

 

もちろん事前準備といいますか、

妻(嫁)と浮気相手が浮気するスケジュール(?)と

場所を完全に把握した上での行動です。

 

旦那(夫)さん単独よりも、知人等に応援を頼み

複数人で突入するやり方が多いでしょう。

 

「浮気現場」を抑え、究極の証拠収集方法とも言えますが

両刃の剣的な側面もあります。

 

つまり、急襲かける訳ですから

妻(嫁)に対し精神的心理的外傷を与え、

最悪「廃人」のようになる可能性もあるのです

 

また、浮気相手の逆ギレ等の暴力沙汰になる可能性もあり

急襲かける故のリスクも考えなければなりません。

 

急襲かける事で何が起こるかわからないのです。

 

※また「浮気現場突入」は

探偵事務所へ「浮気調査依頼」している際の

調査の過程で行われる場合もあります。

 

やはり目的は「浮気現場を抑える事」と

「証拠収集」でありますが、

調査のプロが行う「浮気現場突入」なので

急襲かける故のリスクはかなり抑えられるでしょう。

 

 

浮気した妻(嫁)には「妻(嫁)の会社に相談する!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

まず、浮気した妻(嫁)が仕事をしている事が前提です。

 

浮気した妻(嫁)の浮気相手と妻(嫁)が

同じ会社だった場合は「社内浮気」になりますが、

浮気相手が取引先の会社員だったり、

客の立場である可能性もあります。

 

いずれの場合でも、浮気が発覚した時点で

状況によっては浮気した妻(嫁)の会社に相談する事により

浮気した妻(嫁)への制裁に繋がります。

 

社内恋愛に厳しい社風の企業(銀行など)や、

公務員など職種や企業によっては「社内風紀が乱れる」という観点上

「社内浮気」は問題外であり浮気発覚の時点で、

「社内浮気」の当事者に何かしらのペナルティが課せられます。

 

浮気相手が取引先の社員だと、

企業間のハナシに発展する可能性があり、

さらなるペナルティが課せられるケースが大半です。

 

また勤務時間内に浮気の事実が発覚すれば

間違いなく「クビ」レベルでしょう。

 

浮気相手が「浮気した妻(嫁)」の上司の場合は

企業の管理上層部にアポを取り、相談する流れになるでしょう。

 

浮気した妻(嫁)の「浮気現場写真」を

いきなり会社に送付するハナシも目にする事がありますが、

この行為は、がっつり「名誉毀損」にあたる可能性があります。

 

このような「実力行使」は、おすすめしません

 

「妻(嫁)の会社に相談する!」制裁は、

社会的な制裁を浮気した妻(嫁)に課したい時に有効な方法です。

 

 

浮気した妻(嫁)には「義実家に相談する!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

義実家に相談する」制裁方法とは、

離婚しない」または「再構築」前提で

浮気した妻(嫁)の浮気問題を収束させるための相談を

義実家、つまり浮気した妻(嫁)に相談する事を意味します。

 

ただ、注意しなければいけないのは、感情的な思いから

義両親からすると娘でもある「浮気した妻(嫁)」への

「文句」や「愚痴」または「非難・中傷」するのではなく

コトバを選びつつ、淡々と「妻(嫁)の浮気」について

相談する事が最優先です。

 

また「浮気した妻(嫁)」への「暴言」や「非難・中傷」は

名誉毀損に該当する可能性がある上に

最もその行為は「制裁」にはなりません。

 

「浮気した妻(嫁)」にとっての「浮気行為」は

バレて欲しくない事象なので義実家に相談するだけでも、

精神的な制裁に充分に値する事でしょう。

 

※「浮気した妻(嫁)」が専業主婦だった場合は

この制裁方法は該当しません。

 




 

妻(嫁)の浮気相手を制裁する方法は?

浮気相手が既婚者だろうが独身だろうが

未成年だろうが

基本的には変わらない妻(嫁)の浮気相手への制裁

 

最も浮気相手が未成年の場合は

親が絡むケースも多いでしょう。

 

以下は一例ですが、

妻(嫁)の浮気相手に対しての制裁のをご紹介します。

 

妻(嫁)の浮気相手には「浮気相手の家族に相談する!」で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気相手の家族に相談する!制裁方法は、

正直人によってかなり賛否両論あります。

 

いわゆる「グレーゾーン」な制裁方法です。

 

また「浮気相手の家族に浮気の事実をバラす」のではなく

あくまで「浮気相手の家族に、

浮気問題を解決したいから相談したい」

というスタンスを貫く事です。

 

相談の際は、かなり言葉を選ばなければいけません。

 

グレーゾーン」な制裁方法な理由として

以下の項目が挙げられます。

  • 浮気相手の妻(嫁)から、
    旦那(夫)さんの妻(嫁)へ慰謝料請求されることもあります
  • 浮気相手が既婚者の場合、浮気原因で離婚後に
    旦那(夫)さんの妻(嫁)にストーカー的執着する可能性もあります
  • 確実に浮気相手の身元を判明している必要があります
  • 浮気相手が未成年の場合は、なおさら浮気相手の親に「相談」を
  • 浮気相手が未婚であっても同様です

 

妻(嫁)の浮気相手が既婚者の場合、

家族に浮気がバレる事を病的に恐れます。

 

なので「浮気相手の家族に相談する!」する事で

結果的に浮気相手の家族に浮気がバレた時点で

妻(嫁)の浮気相手への精神的な制裁が始まるのです。

 

※一方で、感情に任せて投げやりな気持ちで「嫌がらせ目的」で

浮気相手の家族に「浮気をバラす行為」は

名誉毀損」「プライバシーの侵害」に抵触する可能性があります。

 

逆に慰謝料請求される根拠になり、圧倒的に不利になります。

 

 

妻(嫁)の浮気相手には誓約書を書かせる事で制裁!


参照元:https://www.photo-ac.com/

誓約書」による制裁方法は、

妻(嫁)の浮気相手側に紹介していますが、

正確には浮気の当事者、

つまり妻(嫁)とその浮気相手に対しての制裁になります。

 

さらには妻(嫁)との再構築前提での制裁方法でもあります。

 

「内容証明」ではなく「誓約書」であり、

しかも妻(嫁)との「再構築前提」での書類です。

 

以下の意味の様な項目や約束事など記載し、

妻(嫁)とその浮気相手に署名及び捺印させて完成させます。

  • 浮気行為を謝罪
  • 今後において2度と浮気をしない
  • 完全に別れる、もちろん連絡もしない
  • 約束を破れば即違約金を払う

 

誓約書」の効力云々と云うより

浮気行為を本気で反省させた上で

2度と浮気をしないという決意が重要であり必要です。

 

そして、特に妻(嫁)の浮気相手にとっては

後に控えている「慰謝料請求」等の話し合いを重ねるに従い

罪の重さも増え地味に精神的な負担がかかってくるのです。

 

浮気当事者が別れる結果になる

「制裁方法」が「契約書」なのです。

 

 

妻(嫁)の浮気相手には慰謝料請求で制裁!


参照元:https://www.photolibrary.jp/

条件付きではありますが、

実は妻(嫁)の浮気相手に対しても慰謝料請求は可能です。

 

何を持って「浮気」とされるのかは

人によって解釈は様々ですが、

浮気行為への「慰謝料請求」ではなく

不貞行為への「慰謝料請求」であるのがポイントです。

 

不貞行為」とは、つまり「男女間の肉体関係」を意味します。

 

つまり、浮気であろうが不倫であろうが

複雑なハナシになりますが「不貞行為」の回数云々ではなく

浮気相手による「不貞行為」によって夫婦関係が保てなくなった場合に

「不貞行為」該当者、妻(嫁)とその浮気相手に

慰謝料支払いが発生するのです。

 

「慰謝料請求」は、法に触れない範疇での

唯一、究極の物理的「制裁方法」です。

 

注意しなければいけないのは

「慰謝料請求」先は、あくまで妻(嫁)の浮気相手です。

 

妻(嫁)の浮気相手の親や親せきは、

立場が違うので「慰謝料請求」においては無関係なのです。

 

ただ、結果的に妻(嫁)の浮気相手が未成年だった場合など

親が「慰謝料支払い」する場合が多いでしょう。

 

※「慰謝料請求」の詳細記載は

今回の記事の趣旨から外れるので、控えさせていただきます。

 

ちなみに、妻(嫁)の浮気相手への究極の社会的「制裁方法」は

職場への相談」に該当します。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

浮気、不倫相手の電話番号を調べる方法や特定する時に注意する点は?

浮気で慰謝料を取りたい時は?高額をもらう方法や証拠を掴むには?

不倫相手と会う方法!直接会って話をする方法や気をつける点は?

不倫や浮気調査ではGPSを!安い通販のおすすめランキングのご紹介!

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

 

以上「妻(嫁)を浮気で制裁する方法!

相手や本人の懲らしめ方をご紹介!」についてでした。

 

先の制裁方法にて「慰謝料請求」を述べましたが

浮気や不倫に関わらず

何故か一方的に妻(嫁)が請求できる「都市伝説」が

未だにあるようです。

 

しかし、ご存じの通り

浮気や不倫の責任をお金に置き換えて

浮気や不倫した有責側が浮気や不倫された側に

支払うのが「慰謝料」であり、

浮気や不倫した側である以上、

妻(嫁)だろうが旦那(夫)だろうが関係ありません。

 

その浮気における慰謝料は不倫のそれに比べれば

確かに少額なるケースが多いですが

それでも条件次第では高額になるケースもあります。

 

また慰謝料請求するにしても

「制裁」として、妻(嫁)の親や関係者に状況報告するにしても

決定的な証拠」が必要です。

 

「決定的な証拠」があるのと無いのとでは

全く説得力が違うのです。

 

いきなりですが、

その「決定的な証拠」収集するのに

おすすめしたい方法があります。

 

原一探偵事務所」をはじめとした

探偵事務所へ浮気調査依頼する方法です。

 

特に「原一探偵事務所」は

不倫や浮気調査に強い探偵事務所として知られており、

既にご存じの方も多いかもしれません。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

メディア露出もかなり多く

断トツに認知度が高い探偵事務所でもあります

 

おすすめしたい理由は様々ですが、

その中でも何といっても

業界40年以上君臨する老舗探偵事務所ならではの経験と

ノウハウに裏打ちされた圧倒的な調査力でしょうか?

 

それゆえに妻(嫁)への「慰謝料請求」に必要な

「決定的な証拠」を

かなり高い確率で揃える事が可能としているのです。

 

また妻(嫁)への「慰謝料請求訴訟」に至った場合でも

「原一探偵事務所」は弁護士との連携がとれており

旦那(夫)の希望次第では「弁護士紹介」も可能です。

 

つまり、滞りなくスムーズに

「訴訟」に臨むことも可能なのです。

 

浮気相手や妻(嫁)に、

法に乗っ取った「制裁」を1秒でも早く

課せたいと希望しているのでしたら

まずは「原一探偵事務所」に相談してはいかがでしょうか?