思い当たる事象、過去の経緯等が無い限り

如何なる理由があっても

脅迫や恐喝は社会ルールに反する行為。

 

増してや浮気においての

浮気相手からの脅迫や恐喝行為は

放送禁止用語レベルの行為なのは云うまでも有りません。

 

自らの欲望の為だけに各種の脅迫や恐喝行為する

浮気相手に臆する必要は全くありません

 

「浮気されあなた側」が、

正式に結婚した夫婦のパートナーであったり、

未婚であっても婚約中であるなら

正式な交際相手であるのですから。

 

婚約中ではない未婚カップルであっても

脅迫や恐喝行為される理由なんてまったくありません。

 

なので、浮気相手からの

各種ケース別の脅迫や恐喝行為の対処方法をまとめました。

 

正に現在進行形で、特に浮気相手から

様々な脅迫や恐喝行為を受けている人は必見です。

 

 

また、浮気相手から脅迫や

恐喝行為を受けてお困りの方は

探偵事務所に相談することをお勧めします。

 

数ある中でも特におすすめの探偵事務所が

原一探偵事務所』です。

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所なので、

必ずあなたの力となってくれるでしょう。

 

電話相談は24時間365日無料で行なっているので

一度相談してみることをおすすめします。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース1

●早く別れろと言われている時の対処方法!


参照元:https://www.pakutaso.com/

いきなり、見知らぬ人から

あなたよりあたしの方が、あの人の事を大切にしている!

だから、今すぐ早く別れて!」と、

一方的に捲し立てられたことが無いですか?

 

特に最近そのようなセリフを

一方的に言われっぱなし状態になったことが無いですか?

 

その見知らぬ人が

交際相手や配偶者の浮気相手だったとしたら?

 

同時に「別れてほしい」「離婚してほしい」と

交際相手や配偶者から一方的に宣告された日には…。

 

おそらく、交際相手や配偶者の浮気相手からの

離別強要」「離婚強要」にあたる「強要」です。

 

交際相手や配偶者と浮気相手が、

いわゆる「シタラリ」と云われる

一種の「ラリッている(酔っている)状態」に見られる挙動です。

 

既婚者の場合「早く離婚しろ!」、

婚約中などの未婚の場合「早く別れろ!」など

(強要)要求」のみの場合は、

強要罪」に抵触する可能性が。

 

また、あまりにも粘着気味に

一方的に「(強要)要求」される場合は

ストーカー規制法」が適用される可能性があります。。

 

これが「別れなければ浮気の事実を公表する」となれば

「脅迫罪」がプラスされるでしょう。

 

金品目的ではなく明らかに「嫌がらせ」なので

逆に無視することができない、かなり複雑なケースです。

 

対処法としては「強要」や「脅迫」に

強い弁護士に対応依頼するか

脅迫内容によっては警察に被害届を出すしか

対処法はありません。

 

※「シタラリ」…ネットスラングの1つでありです。

 

浮気によって、浮気当事者は

妙なレベルでテンションが高くなっている状態を意味します。

 

浮気された側も同様な状態になるケースが多く

その場合は「サレラリ」とも云われます。

 

 

 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース2

●嫌がらせ電話が続く時の対処方法!


参照元:https://www.pakutaso.com/

浮気相手から、冒頭の様な「早く別れて!」的内容の

電話を日に十数件~と、ノイローゼレベルでかかってくるケース。

 

固定電話や携帯電話関係なく、

断続的にしかも間髪入れずに

時には定期的に電話あるケースもあるでしょう。

 

明らかに「嫌がらせ電話」であり、

嫌がらせ電話の内容も悪質です。

 

まず「早く別れて!」は「強要」であり、

ノイローゼレベルでの電話は

ストーカー規制法」に抵触します。

 

「別れないならあなたの身の安全を保障しない」

「離婚しないなら慰謝料請求する!」等に

電話内容が進化した場合、

進化した分「脅迫」「恐喝」に抵触します。

 

浮気相手が女性で面識があり、

あなた(妻)に子供がいる場合、

「全くあの人(夫)に似てないあんた(妻)の子供、

ホントに彼氏の子供?

あんた(妻)も実は外に男作っているのでは?」等の暴言を

電話先で繰り返しているなら、完全に「名誉毀損」です。

 

対処法としては、

まずは通話内容と通話履歴を保存します。

 

また、浮気相手の身元が全く分からない場合は

通話内容と通話履歴を持って

探偵事務所に調査依頼する事をおすすめします。

 

その上で「強要」や「脅迫」に強い

弁護士に対応依頼するか、

通話内容によっては警察に被害届を出す事になるでしょう。

 

 

 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース3

●社内浮気の場合、退職強要されている時の対処方法!


参照元:https://www.photo-ac.com/

例えば、あなたと配偶者が社内恋愛で結婚していて、

現在も同じ会社で夫婦とも働いていており、

また配偶者の浮気相手も同じ会社で働いていた場合。

 

浮気相手からすると

視界にあなたが入ってほしくないので

退職するまで圧力かける勢いで

あなたに一方的に「退職強要」を続けた場合。

 

その場合の対処法ですが

まず浮気相手が一般社員だった場合は「解雇権はありません

 

浮気相手が「解雇権がある立場」だった場合でも

業務面においてもあなたに全く身に覚えが無い場合、

「不当解雇」に該当する可能性があります。

 

虚偽の理由を吹っ掛けて解雇する可能性もありますが、

それこそ「虚偽」に該当します。

 

また「脅迫」「恐喝」に該当する案件でもあり

ストーカー規制法」に抵触する可能性もあります。

 

対処法としては

浮気相手からの「退職強要を証明する各種証拠をもって

浮気相手が一般社員の場合は「上司」へ

浮気相手が「解雇権がある立場」の場合は、

管理上層部」へまずは相談する事をおすすめします。

 

中小企業など、会社規模によっては、

いきなり社長に話する事になるかもしれません。

 

また、会社に損害を与える案件なので

会社の顧問弁護士に相談する可能性もあります。

 




 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース4

●なぜか慰謝料要求されている時の対処方法!


参照元:https://www.photo-ac.com/

浮気相手と別れる際に、

なせか慰謝料を請求されている場合。

 

浮気相手に結婚の約束をしたうえで離婚させた等の

あなた側に何らかの問題がある場合は全く別案件です。

 

しかし、あなた側に全く身に覚えがないのであれば

基本的には慰謝料を支払う必要は有りないし

最も法的根拠が無いのです。

 

「慰謝料を支払わなければ、浮気の事実を周囲にバラす」と

脅されていた場合は「恐喝」に該当します。

 

また、別れる行為に対しての浮気相手の執拗な逆ギレ行為は、

ストーカー規制法」にも抵触します。

 

このような案件は、対処法としては

内容証明を弁護士に依頼して警告してもらう、

もしくは、お金が絡むので

警察に被害届を出すしか対処する方法はありません。

 

 

 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース5

●「借金の肩代わりさせられた」等の狂言脅迫されている時の対処法!


参照元:https://www.pakutaso.com/

以下は浮気相手からの「とある主張」の一例です。

 

  • 浮気相手が女性で彼氏か旦那と浮気していた場合
    →「レイプ被害受けた」「妊娠した」で
    責任を取れと脅されている。

 

  • 浮気相手が未成年女性で彼氏か旦那と浮気していた場合
    →「援助交際していました」
    だから責任取れ(慰謝料請求)と脅されている。

 

  • 浮気相手が男性で彼女か嫁と浮気していた場合
    →「借金の肩代わりをさせられた」
    「サラ金の口座作らされた」で、金品の要求をしている。

 

上記の「とある主張」部分が本当であれば

責任の所在が配偶者になり、それはそれで重大問題ですが

その件は今回の記事の趣旨に外れるので省略させていただきます。

 

しかし「とある主張」部分がすべて「嫌がらせ」、

つまり「狂言」だった場合は?

「狂言」部分は、「虚偽告訴等罪に抵触する可能性があります。

 

また上記の例は、

すべて「脅迫」であり「恐喝」にも該当します。

 

対処法としては、

「狂言」部分や「脅迫」「恐喝」を証明する証拠を持って

弁護士に対応依頼するか

「脅迫」「恐喝」内容によっては

警察に被害届を提出することになるでしょう。

 

 

 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース6

●家族や親に「浮気の事実をバラす」と脅されている時の対処法!


参照元:https://www.pakutaso.com/

例えば浮気相手と別れる話が進む中で、

浮気相手が逆ギレし

別れるなら、浮気の事実をあんたの配偶者

(旦那もしくは嫁)や子供、あんたの親にバラす」と

脅され続けている場合。

 

前提として、浮気問題が拡大する前に

対処可能かどうかが重要です。

 

この案件の場合は

脅迫罪」や「ストーカー規制法」に抵触します。

 

また「浮気の事実をバラす」発言は

つまり「暴露」は「プライバシーの侵害」や

名誉毀損」に抵触します。

 

対処法としては、以下の方法が考えられます。

  1. 内容証明郵便にてストーカーや脅迫に該当する事を
    弁護士などの専門家経由で浮気相手に警告
  2. 手切れ金を提示して解決する
  3. 警察に被害届を出す

あなたに全く非が無い場合は1.か3.での対応になるでしょう。

 

一方で、浮気相手に「公にしたくない個人情報」を

握られている場合は、

不本意かもしれませんが、2.の対応が良い場合あります。

 

※手切れ金を提示した場合は

「覚書」「念書」等を交わす事も忘れずに。

 

なお、浮気相手の要求が法外過ぎて脅迫内容が悪化する場合は、

ICレコーダー等で音声収録するなど証拠を残し

その証拠を持って「恐喝」として被害届を出すべく

いつでも警察に相談できるようにする事をおすすめします。

 

 

 

浮気相手から脅迫や恐喝を受けているケース7

●浮気相手からストーカーされている時の対処法!


参照元:https://www.pakutaso.com/

ストーカー規制法」が

施行するきっかけとなった事件も「男女間のもつれ」でした。

 

この事件が象徴するように、男女間のもつれから

ストーカー化するケースが多いとされており

実際にこの事を示すデータも存在します。

平成28年におけるストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について

それこそ「男女間のもつれ」は、浮気関係にも当てはまります。。

 

浮気相手と別れた後でも、その別れ方によっては

あなたに執着するあまりに

浮気相手がストーカー化する場合があります。

 

相談するにも、浮気関係ゆえになかなか外部に相談し難く

無駄に時間が過ぎていくばかりです。

 

浮気関係とはいえ、ご存じの通り放置すればするほど

問題がさらに複雑化するストーカー犯罪

 

浮気相手からストーカーされている時の対処法としては、

大きく2つに分かれます

 

  • 司法書士や弁護士に内容証明郵便で「警告」送付依頼する

迷惑メールが来る、無言電話・脅迫電話が頻繁にある、

直接被害が無いモノの「付きまといされている」など、

身の危険が「薄い」レベルの段階では

内容証明郵便で「警告」送付を

司法書士・行政書士・弁護士等の「士業」の方々に

依頼する方法があります。

 

内容証明郵便で「警告」送付にて、

浮気相手が大人しくなれば、それに越したことはありません。

 

また、結果的に警察に相談する事になったとしても

内容証明郵便の送付そのものが証拠になるので

警察が動いてくれないという最悪な事態は避けられるでしょう。

 

  • 身の危険を感じるようであれば、一刻も早く警察に相談する

何よりも命を守ることが優先です。

 

現在進行形で受けているストーカー被害状況によっても

警察の対応が違います。

 

公にできない関係とはいえ、

身の危険を感じるストーカー被害に遭っている状況なら

一刻も早く警察に相談する事をおすすめします。

 

※「警察に相談する」以降の具体的な流れや詳細は

かなり長文になるので、今回は省略させていただきます。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

不倫や浮気調査の原一探偵事務所の口コミや評判、料金!2chでは?

浮気や不倫におすすめな探偵事務所は?無料相談やメールは可能?

 

以上「浮気相手から脅迫や恐喝を受けて

脅されている時の対処方法とは?」についての記事でした。

 

冒頭では比較的「軽く」書きましたが

きっかけや理由はどうであれ、相手からの脅迫や恐喝は

放置すればするほどエスカレートします。

 

ストーカー化するのもザラでしょう。

 

「穏便に済ます」という名目で、

脅迫や恐喝に「金品等を渡す」「退職する」等で

仕方なく応じたとしても、

それは全く問題解決になっていません

 

逆に味を占め、更なる(金品などの)要求を突き付けるでしょう。

 

要求を放置すれば間違いなくストーカー化、

「(身内に公務員がいる等)事を荒立てたくない」意向で

金品等を渡すと、最悪「味を占める」ようになる…

如何なる理由があっても、脅迫や恐喝は犯罪です。

 

早急に対処する必要があります。

 

しかし前述したように

独自で対処しても限界があります。

 

そこでおすすめしたい対処方法があります。

 

探偵事務所」へ「脅迫や恐喝対策」依頼する方法です。

 

脅迫や恐喝は完全に犯罪なので

まずは「確実な証拠」「決定的な証拠」を得る必要があるのです。

 

浮気が原因であっても例外ではありません。

 

不安になる気持ちも理解できますが、いち早く

証拠収集のプロ」でもある

「探偵事務所」に依頼してみてはいかがでしょう?

 

前置きがかなり長くなりましたが、

数ある「探偵事務所」でも、

特に「原一探偵事務所」を強く押します。

 

▼原一探偵事務所 公式サイト▼



 

強く押したい理由は数多ありますが、

何と言っても「証拠収集のプロ」の

最有力であることが強いでしょう。

 

業界でも創業40年以上君臨する老舗探偵事務所でもあり

不倫や浮気調査に特に強く、地道な調査を得意とし

精度の高い証拠収集に長けた正にプロ中のプロ集団です。

 

メディア露出のかなり多い探偵事務所なので

一見派手な印象があり、敷居が高い感じもあるのは否めませんが

それだけでは、業界でも創業40年以上君臨する事は不可能です。

 

創業年数と経験に裏打ちされた調査力で

浮気相手からの脅迫や恐喝を受けている証拠を抑える事が

高い確率で可能でしょう。

 

また、弁護士との連携もとれており

弁護士紹介」の上に「訴訟を起こすことも可能です。

 

相手が誰であれ、脅迫や恐喝は犯罪であり

浮気相手に「訴訟」を視野に考えているのであれば、

原一探偵事務所」への依頼をおすすめしますが、いかがでしょうか?