様々なケースがあると思います。

また、帰ってこない回数、頻度、連絡の有無、

その時の旦那の環境状況など。

 

旦那が帰ってこない原因、とは?

 

旦那の数だけ様々なケースがあるといっても過言ではありません。

 

かといって

またいつものことでしょ?」とタカを括る

実は事件に巻き込まれていたとか

自殺していた等の最悪なケースもゼロではありません。

 

一方で

「浮気・不倫」の可能性も、同様にゼロではありません

 

何らかの対策を講じる必要はあると考えます。

 

そのためにも旦那が帰ってこない理由、原因について

また、その理由が「不倫・浮気」の場合の慰謝料について

まとめたいと思います。

 

旦那が帰ってこない原因とは?

冒頭にも書きましたが

「旦那が帰ってこない原因」も様々あると考えます。

 

「これだ!」と一言で説明できないケースが

ほとんどではないでしょうか?

その一例を述べさせていただきます。

 

旦那が帰ってこない時は家事労働ハラスメントで参っている?

共働き夫婦の場合、割合はどうであれ

家事も夫婦で分担しているケースは普通にあるでしょう。

 

ここで気を付けなければいけない事が。

旦那さんが行う家事に対して

つい、(重箱の隅レベルの)ダメ出しをしていませんでしょうか?

 

家事が得意なら問題はないですが。

 

家事労働ハラスメント」は

その「旦那さんが行う家事に対してのダメ出し」を

意味する、最近の言葉です。

 

細々言われてまで家事はやりたくない」と

旦那が帰ってこないケースが少なからずあるようです。

 

人間だれもが、得手不得手があるモノです。

家事を苦手とする妻の立場の人も同様です。

 

特別不思議な事ではありません。

 

家事を手伝って貰っただけでもありがたい

やはりここは、お互いの思いやりではないでしょうか?

 

 

旦那が帰ってこない時は仕事関係で悩んでいる?

人間生きていりゃ、慎重に行動していても

「成功」と表裏一体で「失敗」はどうしても付き纏います。

 

これは旦那の「仕事関係」も同じです。

・(犯罪行為ではなく)始末書や損害発生レベルの失敗

・また、上記の失敗が原因での降格・減給処分

突然のリストラ勧告

 

一家の大黒柱故に…これらの事象に耐え切れなくなり、

「旦那が帰ってこない」事に。

 

責任感が強いプライドが高い人に多い傾向ではあります。

 

 

旦那が帰ってこない時は事件・事故・災害に遭遇している?

実は一番気になる事象だったりします。

 

通勤中・勤務中・帰宅中など、

心配し出したらきりがないと思いつつも

事件や事故、災害に巻き込まれる可能性もゼロではありません

 

特に最近は物騒な事件や、地震などの災害が多い昨今。

 

これが事件や事故、災害の規模が大事であればあるほど

事情の状況把握が優先され、家族への連絡が遅くなりがちに。

 

帰宅時など連絡マメな旦那さんが、

連絡なしに長時間帰ってこないケースが発生した場合は

操作願いも吝かではないでしょう。

 

 

旦那が帰ってこない時は浮気をしている?

ズバリ「浮気や不倫中」なら

旦那さんからしたら、そちらの方が楽しいでしょう。

 

つい、浮気相手との時間を優先にしたいために

「急な会社の飲み会に誘われ、オールになりそう」

「仕事のトラブル対応で一晩張り付かなければならない」等と

理由をつけて、旦那さんが帰ってこない状況を作るケースが

多いと考えます。

 

その理由なら、帰ってこない時の頻度も多いでしょう。

 

仮に、「浮気や不倫」が理由なら

旦那さんを待っている間の連絡は、

なかなかつかないとみて良いでしょう。

 

そのような状況の中で

プレゼントつきで旦那さんが帰宅したのなら、

ほぼ、「浮気や不倫」中とみて間違いありません。

 

 

 

旦那が浮気や不倫をしていた時にもらえる慰謝料とは?

まず…今更ですが「慰謝料」とは?ですが

精神的な損害に対する損害を賠償するお金」を意味します。

 

精神的損害とは,

所有物の破損等の財産的損害に対する概念であって,

肉体的苦痛,悲嘆,恥辱等の精神的苦痛をいう。

不法行為の領域においては,

身体侵害,自由・名誉侵害等に限らず,

不法行為全般に関して精神的損害があれば,

これに対する慰謝料が広く認められている(民法710条)。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E6%85%B0%E8%AC%9D%E6%96%99-186672

 

 

浮気や不倫」での慰謝料請求の場合

まず「離婚する」「離婚しない」で慰謝料請求できる相手が違います。

 

■「離婚しない場合

不倫や浮気相手」に請求することが可能です。

これは「不倫や浮気相手」に

「精神的苦痛」+不貞行為の罪の大きさを認識させる狙いがあります。

 

 

■「離婚する場合

不倫や浮気相手」と

浮気や不倫した旦那、もしくは妻」に請求することが可能です。

 

コレは、離婚後の生活も踏まえた上で

ズバリ高額な慰謝料請求が可能です。

 

ちなみに慰謝料には、いわゆる基準額が設定されていません。

「精神的損害」故のの賠償金なので

様々なケースが想定されるのが理由です。

 

その慰謝料請求時に、

浮気や不倫」の証拠があれば

より有利に事が運ぶのは、火を見るより明らかです。

 

その「浮気や不倫」の証拠収集におすすめなのが

原一探偵事務所』です。

 

かなり経験も豊富なので、

「浮気や不倫」疑惑も含め

旦那が家へ帰ってこない理由に対する

確実な証拠収集にも誠意をもって尽力に努める事でしょう。

 

ちなみに上記の探偵事務所は

費用がリーズナブルであり、

法テラス張りに気軽に無料相談もしていただけます。

 




↑↑すぐ上の画像からアクセスしていただけます。

 

現在付き合っている相手に

少しでも何かしらの違和感を感じた方は、

1度、話を聞いてもらってもいいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

仮に今、「旦那が帰ってこない」と、第1報を聞いて

あなたは、何が原因だと思いますか?

 

最も「事件・事故」に遭遇したのでは?と

頭過ったのなら、

旦那さんを思いやれている

いい信頼関係が築けていると考えます。

 

これが「不倫や浮気」を疑うなら、

そもそも、すでに夫婦の信頼関係が

破綻していると思うのは気のせいでしょうか

 

勿論、前後の状況や

現在の旦那様の環境にもよるとは思います。

上記の「仕事関係」が該当します。

 

「家事労働ハラスメント」が頭をよぎるなら

「浮気や不倫」意外の別の問題が。

 

何が頭を過るかによって

その後の対応が全く違ってくると

思うのは気のせいでしょうか?